コロナ感染の団長安田、肺炎を発症「まさか自分がこんなに長引くとは」

拡大画像を見る

 新型コロナに感染しているお笑いトリオ・安田大サーカスの団長安田が20日、ツイッターを更新。数日前から咳が止まらなくなり、レントゲン撮影で肺炎になっていたことが発覚したと明かした。

 団長安田は9日に1回目のワクチンを接種するも、14日にPCR検査を受け陽性が判明し、15日に感染が発表されている。

 感染判明から1週間。団長安田は「コロナウイルス感染して10日数日高熱 平熱を繰り返して 扁桃腺腫れたりもあった」とここまでの状態をつぶやくと「数日前から咳が止まらなくなりレントゲン撮ったら肺炎になってました」と報告した。

 「入院して1日でも早く復帰したいです!!まさか自分がこんなに長引くとは思って無かったです」と、想像以上に辛い状態が続いていることに困惑する思いもつづっていた。

 安田大サーカスでは、クロちゃんも19日に感染を発表。団長安田とは別ルートでの感染と考えられると説明されている。

関連リンク

  • 7/21 10:47
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます