ローマFWクライファートがニースへ期限付き移籍…昨季はライプツィヒでプレー

拡大画像を見る

 ニースは20日、ローマからオランダ代表FWジャスティン・クライファートを獲得したことを発表した。

 ニースはローマから、クライファートをレンタル移籍で獲得。ウイングを主戦場とするオランダ代表との契約は買い取りオプション付きとなっており、シーズン終了後にニースへ完全移籍する可能性もあるようだ。同選手はすでにチームの練習場へと姿を現しており、新たな同僚と握手を交わしているシーンも公開されている。

 現在22歳のクライファートは、元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏の息子で、アヤックスの下部組織出身。2017年1月に17歳でトップデビューを飾り、2018年夏にはローマに移籍した。ローマでは公式戦68試合に出場し9ゴール10アシストを記録すると、昨シーズンはライプツィヒにレンタル移籍して、公式戦27試合4ゴールをあげている。

関連リンク

  • 7/21 10:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます