夏休み明けはモテモテ?1カ月でリア充に変身する方法9パターン

地味で非モテな自分を卒業して、モテモテリア充に変身したい。1カ月近くクラスメイトと会わない期間を持つことができる夏休みなら、それを実行に移すことも可能なのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「夏休み明けはモテモテ?1カ月でリア充に変身する方法」をご紹介します。

【1】髪型や髪の毛の色を変える
「夏休みに弾けちゃったのかなと、気にはなります」(10代女性)というように、ヘアスタイルやヘアカラーをガラッと変えるパターンです。校則が厳しくて派手にできない場合でも、長髪をバッサリ切ったり、無精ヒゲを生やしたりすれば、ずいぶん印象が違ってくるでしょう。

【2】海の家やプール監視員のバイトをして小麦色に焼ける
「太陽の下で充実した夏休みを過ごしたんだろうなあ、とまぶしく見える」(10代女性)というように、屋外のバイトで肌を焼いてしまうパターンです。ただし、服を着ていた部分が真っ白だとかえってカッコ悪いので、暇を見つけて全身まんべんなく焼いておきたいところです。

【3】筋トレやランニングにいそしんで大幅にダイエットする
「ぶよっとしていた人がシュッとすると見直しますね」(10代女性)というように、自己鍛錬で体を引き締めるパターンです。自分の意思でトレーニングを続けるのが難しいなら、引っ越しや荷物仕分けなど体を使うバイトに励むのもありでしょう。

【4】接客業のバイトをしてハキハキした物言いを身につける
「前は目もあわせずモゴモゴしゃべっていたのに大変身」(20代女性)というように、飲食店や販売のバイトでコミュ力をアップさせるパターンです。バイト先で、彼女ができたり女子校とのネットワークをつかむという特典にも恵まれるかもしれません。

【5】リゾート地で住み込みバイトをして女性慣れする
「さらっとエスコートしてくれるようになっててビックリ」(20代女性)というように、若い女性客が多いリゾート地で働くことで、女性の扱いに慣れるパターンです。大人の女性と接する機会が増えれば、夏休みが明けるころには同級生の女子など怖くなくなるでしょう。

【6】ファッションをがらりと変える
「なんか一気にオシャレになった感じ」(10代女性)というように、ワードローブを刷新してしまうパターンです。とはいえ、センスありきの話なので、オシャレな友達や、お気に入りのブランドの店員に手ほどきを受けたほうがよさそうです。

【7】旅を通じて学校以外の大人の友達を作る
「もう学校には興味ないというか、ひと足先に大人になった感じがする」(10代女性)というように、ひとり旅を通じて大人の世界に足を踏み入れるパターンです。もっとも、旅先で悪い大人にだまされる可能性もあるので警戒する必要はあるでしょう。

【8】クルマやバイクの免許を取って行動範囲を広げる
「いろんなところに出かけていて、頼もしい感じがする」(20代女性)というように、クルマやバイクを手に入れてアクティブになるパターンです。ただし、アピールの仕方が下手だと「いまどきクルマ持ってるのを自慢するのはダサい」とかえって反感を買ってしまうかもしれません。

【9】楽器を練習してバンドを始める
「いやまあ、音楽できるとカッコいいですもんね」(10代女性)というように、バンドを結成して音楽を始めるパターンです。文化祭デビューを目標にすれば、クラスメイトの注目も集められそうです。

変身の効果を最大限にするには、夏休み中、誰にも会わないのがポイントでしょう。それほど重要でなければ夏休み中の登校日はあえて休むというのも手かもしれません。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/21 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます