チョコプラ、“いい加減なのにうまい!?”な「6秒」料理動画に絶賛の声続々

拡大画像を見る

「キユーピー3分クッキング」と言えば、CBCテレビと日本テレビ放送網が制作局として、各々異なる内容で制作されている長寿料理番組かつ、人気の短尺ミニ番組だ。

 そんな「3分クッキング」のパロディとして、お笑いコンビ・チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)が、みずからのYouTubeチャンネル〈チョコレートプラネットチャンネル〉で、〈6秒クッキング〉と題して初投稿したのは、2017年8月23日。長田が、「フレッシュサラダ」として、レタスやキュウリなどの野菜を皿にちぎり乗せてドレッシングをかけたり、また鍋のお湯にワカメや味噌などを注いて「わかめの味噌汁」作りに挑戦。松尾がストップウォッチでリアルに6秒を計測して「ストップ」をかけるといったオモシロ企画だった。視聴回数が高評価を得たことから、その後も続々とシリーズ化され、7月12日には〈6秒クッキング「ラーメン」〉とタイトルして投稿。沸騰したお湯に、ソーメンと、醤油、味の素の調味料、さらにはフライドチキンをちぎり入れ、6秒ラーメンの完成。実食した松尾は「めちゃくちゃ、うめえ、これ!ヤバい!これマジやってみて」とカメラに向かって訴えかけるほどの絶賛ぶり。〈長田さんに甘えられて嬉しそうな松尾さんと、松尾さんの食べっぷりを嬉しそうに見てる長田さんが好き〉〈なんで毎回こんなにいい加減なのにめちゃくちゃうまいの(笑)〉〈おじいちゃんになっても、この企画続けて欲しい。〉とコンビ仲についての感想も相まって、絶賛の視聴者のコメントが相次いだのだった。

 6秒の壁に挑むチェコプラの一風変わったクッキング動画。彼らの挑戦はまだまだ終わらない!?

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 7/21 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます