「水曜どうでしょう」コラボのネックスピーカー シャープ「AQUOS」から

拡大画像を見る

シャープは、北海道テレビ放送(HTB)制作のバラエティー番組「水曜どうでしょう」コラボレーションモデルのウェアラブル・ネックスピーカー「AQUOSサウンドパートナー」を、2021年8月18日に「HTBオンラインショップ」で発売する。それに先だち、7月21日から予約受付を開始。

録り下ろし音声ガイダンスを搭載

首にかけて装着し、周囲の音を遮らずにワイヤレスでテレビの音声やスマートフォンの音楽などを耳元で聴けるオーディオ機器。マイクを内蔵し、スマートフォンやパソコンと接続すればハンズフリー通話やビデオ会議などにも活用できる。

電源オン時など、操作に合わせて音声ガイダンスを行う機能を搭載。本モデルでは同番組のディレクター、藤村忠寿さんと嬉野雅道さんによる音声ガイダンスを録り下ろしで収録。バッテリー残量が低下すると「おっ、早くお前充電しろって、充電しろっつってんだよ」、音量設定が最大になると「もう、最大だって!もう、無理だって!」などと音声で通知する。

本体および付属のBluetooth(ブルートゥース)送信機、パッケージには同番組のロゴを使用したオリジナルデザインを採用。限定のポストカードも同梱する。

価格は2万2000円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 7/21 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます