相葉雅紀『VS魂』リニューアルも崖っぷち、岸優太と「シャワーシーン連発」限界状態

拡大画像を見る

 7月15日に放送された『VS魂』(フジテレビ系)で、嵐の相葉雅紀(38)がキャプテンを務める魂メンバーがスタジオを飛び出し、陸上競技場、プール、テーマパークなどを舞台に、ゲストと対決を行う新企画が前触れもなく始まり、多くの視聴者をとまどわせている。

 番組冒頭、いきなり、陸上競技場で100メートルを走る魂メンバーの姿が、対決を盛り上げるBGMもなく放送された。現地ではメンバーの順位で盛り上がっていたが、VTRを見ていたスタジオで、“ザキヤマ”ことアンタッチャブルの山崎弘也(45)が「ちょっとごめんなさーい!」と声をあげた。

 ザキヤマは続けて「もうガマンできないわ」と困惑の表情を浮かべ、「この番組なに?」とツッコんだ。すると、唐突に魂メンバーのセクシーなシャワーシーンが挿入されると、今回の対決の予告らしきシーンが流れ、ようやく番組のタイトルロゴが登場した。

 そして、スタジオでのトークパートが始まり、相葉が「新企画が始まったわけですよ」と説明し、「スタジオに留まらず、外に出て戦わされてんのよ」と、番組側の一方的なリニューアルであることを匂わせた。

 これに、ザキヤマは「最初に言おうよ! 見てる人焦るから」とダメ出し。すると、キャプテン補佐の風間俊介(38)が「突然呼ばれて、訳がわからない展開」と事情を説明。スタジオにはアトラクションのセットはなく、ザキヤマが透明な椅子とアクリル板だけだとボヤいた。

 その後、「ガチンコ陸上選手権2021」「真夏の水泳選手権2021」「ダイナミック坂道ボウリーーーング」「新発見!マッチング炙(あぶ)り対決」と展開したが、相手チームのタレントは競技ごとにかき集められたようで、メンバーの顔ぶれにテーマは見えない。

■今が旬の岸優太が番組を救うか?

 また、スタジオゲストは、ザキヤマのほかは、主演ドラマ『推しの王子様』(同局系)の番宣で出演した比嘉愛未(35)だけ。これまで、アトラクションの合間に披露されていた、ドラマ共演者や魂メンバーとのエピソードトークはなかった。

 番組開始7か月目にして突然の大幅リニューアルに、視聴者はツイッター上で「新企画、各メンバーの新しい一面がたくさん見られてとても面白かったです!」「推しの全力疾走と泳ぎを観られるなんてこんな神企画ある?」などと、歓迎する声もあったが、一方でとまどっている人たちも。

 それは、「思ったより視聴率取れないから、新企画とかテコ入れしたんだろうけど、何をやってるのか、何をやりたいのか全体的に分からない」「嵐さんだったらどうにかしてくれるかもだけど……見どころが分からん。進行も早すぎてついていけん」など、厳しい意見が多かった。

 そして、対決企画と関係のない、魂メンバーのシャワーシーンの連発については、「CMまたぎだけのサービスショットなのかな? たっぷり見たいよー」などと、多くのファンに好評だったようだ。しかし、視聴率の伸び悩みや予算削減の噂を考えると、番組側の苦しまぎれの“あざとい”サービスと思えなくもない。

 次回は、料理が得意と話すKing & Princeの岸優太(25)が、タレントのギャル曽根(35)と“冷蔵庫ありもの料理対決”をするようだ。今、ボケキャラで1番ノッている岸の起用は当然と思えるが、天然すぎてグダグダになる可能性は高い。今度のギャンブルは、うまくいくのか? 崖っぷち状態の番組同様、不安は尽きない。

関連リンク

  • 7/21 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます