みちょぱトーク解禁!恋人・大倉士門「LINE1日往復200回」「アゲマン効果」で大ブレイクへ

拡大画像を見る

 モデルの大倉士門(28)が7月15日放送の『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)で、交際中のモデルでタレントの“みちょぱ”こと池田美優(22)との熱愛ぶりを明かしていた。

 この日は、元ホストと元キャバクラ嬢のカップルが登場。2人によると、互いに異性を相手にする仕事でケンカが絶えなかったことから、一緒に仕事を辞めたという。その流れで、MCを務める中居正広(48)が大倉に、2人とも異性が周囲に多いことで揉めることはないのかと尋ねると、大倉は「ないですね」とキッパリ答えた。

 続いて、中居は「だってさ、こんだけさ、俺みたいなやつがいるわけじゃん。みちょぱの周りには俺みたいな害虫が(いっぱいいる)」と言うと、心配にならないのかと質問。それに対し、大倉は「こういうテレビ番組で彼女の話するの初めてなんですけど、(みちょぱは)なかなか共演者と仲良くならないんですよ。それこそ芸能人の友だちも2~3人しかいない」と説明し、「だから変に安心感は僕自身はあります」とみちょぱを信頼していることを明かした。

 その後、カップルが常に離れたくないという話をしたところ、大倉は「最初からずっと一緒にいたら、一緒に毎日いたくなる気持ちは分かります」と2人の意見に激しく同意。大倉によると、みちょぱとはLINEで常に連絡をとっているそうで、この日も「今から仕事行ってくるね」「今終わったよ」といったやりとりをしていたという。

 さらに、大倉がLINEで1日に200往復ぐらいのメッセージをやり取りしていることを明かすと、その尋常ではない回数に、中居や同じくMCを務める本田翼(29)は思わずあきれ返っていた。

■みちょぱ効果で一気にブレイクか

 モデル・タレントとして活動している大倉だが、今年3月にみちょぱとの同棲が一部週刊誌で報じられて以降、みちょぱの彼氏として知名度が急上昇。みちょぱとの交際については、今回、初めて言及したのだが、中居を相手に巧みなトークを繰り広げ、うまく場を盛り上げていた。

 そうした大倉の話題性やトーク力には、テレビ局も注目しているようで、最近は『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)や『極楽山本・ロンブー亮のARIGATEENA TV』(テレビ埼玉)など、バラエティ番組への出演が増加傾向にある。

 みちょぱとの交際が芸能活動の後押しとなっている部分もあるが、タレントとしての力量も十分あるだけに、一気にブレイクするかも?

関連リンク

  • 7/21 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます