三浦翔平演じる源誠二の“特殊能力”が明らかに!?

拡大画像を見る

戸田恵梨香と永野芽郁がW主演を務める『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第3話が、7月14日に放送される。

原作は、講談社「モーニング」で連載中、シリーズ累計発行部数140万部突破の元警察官の著者が描き話題の「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜」(泰三子著、既刊16巻)。「お巡りさんの仕事ってこんななの!?」ワケあり元エース刑事×天然新人の最強ペアが繰り広げるやけにリアルな交番エンターテインメント。

前回第2話では、源誠二(三浦翔平)と川合麻依(永野)が、藤聖子(戸田)と山田武志(山田裕貴)がカップルを装い、覚醒剤使用の疑いがある男の尾行へ。藤の誘惑シーンと勝利後のある行動に「全国民惚れないわけがない」との反応があった。

<第3話あらすじ>
ペアとして息の合ってきた藤聖子(戸田)と川合麻依(永野)。川合は、藤の期待に応えたいと思い始めていた。

そんな中、近所のスーパーで、女が「源刑事が来てくれないと万引きする」と言っているという通報が入る。駆けつけた藤と川合にふてぶてしく接する万引き犯の高齢女性・山崎だが、源誠二(三浦)が到着した途端、態度を急変させる。川合の知らなかった源の“特殊能力”が明らかに!

翌日、川合は有給をとった藤の留守を守ることに。“同期との女子会”に行くと話していた藤だが、実は一人、何かの捜査をしている様子。

一方、交番での公務に精を出す川合は刑事課から呼び出しを受け、町山警察署へ。源と山田武志(山田)から、女子高生が「知らない男にへんなことをされた」と話していると聞く。署内の女性警察官が出払っているため、初めて一人で被害者に聴取することになる川合。被害者の女子高生・彩菜(畑芽育)は、意外にも落ち着いた様子で痴漢被害について質問に答えるが……。

そして、翌出勤日。町山交番に一人の女性・珠代(茅島成美)が駆け込んでくる。珠代は伊賀崎秀一(ムロツヨシ)の顔を見るやいなや、刑事を名乗る不審な人物から電話が来たと話し出す。さらに、彩菜の事件に予期せぬ展開が。川合の“ある意外な能力”が試される。

関連リンク

  • 7/21 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます