全米も大熱狂!大谷翔平「ルースも王も超える」!「ここがすごい」大解剖

拡大画像を見る

 メジャーリーグのオールスターファン投票で、第1位(ア・リーグ、指名打者部門)を獲得。MLB史上初となる二刀流でのオールスター戦出場を果たし、日本人選手として初めて前夜祭のホームランダービー代表にも選ばれた大谷翔平(27=ロサンゼルス・エンゼルス)。

「今シーズンは、全米がまさに“大谷一色”に染まっています。大谷の背番号入りTシャツなどのグッズも完売状態で、米トップス社が発売する野球カードでは、大谷のルーキー記念カードに約2000万円の高値がついています」(在米のスポーツ記者)

 今季でメジャー4年目となる大谷。前半戦終了時点で、打者として打率.279、33本塁打、70打点。投手としては4勝1敗、防御率3.49、87奪三振という成績を残している。

「アメリカでは、“二刀流の元祖”として知られるベーブ・ルースと大谷を比較した論評が増えています。ルースは10シーズン、二刀流として活躍しましたが、1918年は投手として13勝、野手として11本のホームランを記録しています。二刀流で二桁勝利、二桁本塁打を記録したのは、この年のルースだけ。今期、大谷が、この記録を103年ぶりに破るか、注目が集まっているんです」(前同)

 二刀流の大谷は今季、投手としても先発ローテを担うなど及第点だが、怪物級の活躍を見せているのは“打者・大谷”のほうだろう。

「本人が“昨年はリハビリがメインだったけど、今年は下半身が強化できた”と語っているように、左膝の状態が万全になったことが打撃好調の理由でしょう。加えて、193センチ、95キロの恵まれた体躯もある。背筋を中心とした筋トレの効果もあって、遠くに飛ばすバッティングが完成したんでしょう」(同)

■唯一無二の才能と恵まれた体格で王貞治の記録を超える?

 監督やコーチ経験が豊富な解説者の伊原春樹氏は、「恵まれた体格を生かしたパワーバッティング」こそが、大谷のウリだと言う。

「コーチとして、秋山幸二や清原和博といったスラッガーを身近で見てきたけど、大谷には、もう一段階上のパワーの強さを感じるね。なにしろ、日本で50本打ったこともある松井秀喜でさえ、メジャーでは31本しか打ってない。体格に勝るアメリカ人にも引けを取らないパワーは、やっぱり彼の魅力ですよ」

 日本人選手ながら規格外のパワーを見せつける大谷。このままのペースで打ち続ければ、日本人初のメジャー本塁打王はもちろん、1シーズンで60本以上の本塁打を記録する可能性もある。

 では、22年の現役生活で868本のホームランを放った“世界の本塁打王”こと王貞治氏は、今季の大谷の活躍を、どう見ているのだろうか。

 2012年3月21日、春の選抜高校野球大会の初日。花巻東高校(岩手)のエースとして出場した大谷は、大阪桐蔭高校の藤浪晋太郎(現・阪神)から、甲子園の左中間スタンドに特大ホームランを放った。

 この試合をソフトバンクの球団会長室でテレビ観戦していた王氏は、こうつぶやいたという。

「バッティングに専念すれば、僕のホームラン記録を超える可能性もある」

 天才は天才を知る。王氏は、この時点で大谷の打者としての非凡な才能を見抜いていたのだ。規格外の高校球児だった大谷には、メジャーのスカウトも殺到したが、本人は結局、日本ハムにドラフト1位で入団した。

「ハムに行ったのは、栗山英樹監督が“人にできないことをやってみよう”と、二刀流を容認したから。メジャーやNPBの他の球団は、二刀流には否定的だったんです」(前同)

 現在発売中の『週刊大衆』8月2・9日号では大谷の魅力をさらに詳しく分析している。

関連リンク

  • 7/21 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます