TBS 五輪中継に“新兵器”導入 リモート応援で21日・なでしこ初戦後押し

拡大画像を見る

 TBSは、コロナ禍での五輪中継番組に「新兵器」であるリモート応援を導入する。

 民放で最初の中継枠となる、21日開催のなでしこジャパンの初戦「サッカー女子予選第1戦 日本対カナダ」(後7・00放送開始、7・30キックオフ)から投入される。

 陸上の五輪テスト大会やバレーボール女子日本代表の強化試合で採用された試みで、無観客開催となった札幌ドームで奮闘する、なでしこジャパンにオンラインで声援を送る。

 独自開発したリモート出演システム「TBS Bell」を駆使。試合前後とハーフタイムに主将を務める熊谷紗希選手の母校・常盤木学園高校のサッカー部OBを含む50人弱をバーチャルで映し出す。

 女子サッカー中継を皮切りに、柔道、野球など9競技で導入予定。パブリックビューイングが中止となるなど、各家庭での視聴がこれまで以上に高まる五輪でもあり、同局東京オリンピックプロデューサーの板倉孝一氏は「新兵器という意味ではリモート応援がそれにあたるかもしれません。“ニューノーマルな一体感”を醸成していきます」と意図を説明した。

関連リンク

  • 7/21 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます