やっぱり、王道イタリアンが大好きなんだ!これぞ名作といえるトマトソースパスタ!

皆さんは、2021年の東京のイタリアンを盛り上げている『ブラマソーレ』をご存知だろうか?

シェフは名店『ドンチッチョ』出身のベテラン。その腕前は疑う余地もない。

中でも、スペシャリテである王道のトマトソースパスタは別格の美味しさ。

食欲を無性に掻き立てられる、究極のパスタである!



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

濃密に匂い立つトマトソースと、とろけるモッツァレラがたまらない

「茄子とモッツァレラチーズのトマトソース」1,800円。一度素揚げして余計な水分を抜いたナスはトマトソースを存分に吸っており、クリーミーなモッツァレラと相性抜群。シチリア産オレガノ独特の清涼感も心地よい


パスタを持ち上げるとモッツァレラがとろけて絡みつき、本能的に旨いと直感する。

ナスにかぶりつけば、酸味が心地いいトマトソースが中からジュワッとあふれ出す。唐辛子でピリ辛に仕上げている分、各々の素材の甘みが際立って感じられる。

これぞザ・トマトソースパスタ。『ブラマソーレ』のスタイルを象徴する逸品である。

シェフの髙橋健太さんは、名店『ドンチッチョ』で5年、姉妹店の『アンティカ・トラットリア シュリシュリ』では料理長も務めたベテラン。

オープンキッチンに面し、遮るもののないカウンターに陣取れば、躍動する姿と美しい手さばきが見られ、ワクワクする。

シェフとの会話も楽しく、気さくで温かい人柄に惹かれて常連客になる人も多いとか。

アクアパッツァのオーダーが入れば鉄のフライパンを強火にかけ、沼津産アラを塊のまま大胆にソテーする。魚介の旨味が凝縮したスープの香りもたまらない。

サクッと軽い食感のフリットミストは、あえて客席から見える場所に置いた揚げ鍋で。パチパチ爆ぜる音に、自然と食欲はそそられる。

外苑西通りから少し入ったところに立地。素材の持ち味を活かし切る、豪快なイタリア各地の郷土料理を提供し、ファンも多い人気店


仕上がりは豪快でストレート。イタリア全土で修行した経験もあり、長いキャリアに裏付けられた骨太な料理を堂々と提供している。

どの料理もガツンと脳天に響く、マッチョな美味しさ。直感を裏切らない味わいに、欲望は見事に満たされる。



名店『ドンチッチョ』、『アンティカ・トラットリア シュリシュリ』出身のベテランシェフが魅せる、ド直球イタリアン。

リピート必至の名作を、ぜひ堪能いただきたい!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/21 5:04
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます