コレ読めたらドヤ顔できる!【嚏】この言葉はみんな知っていますよ!

人間の行動にも、実は漢字で表されていますよ。
人前やここぞという場面で出ると、嫌なあの漢字です。

勘のいい人ならわかったかもしれませんね。

(1)「嚔」の読み方


これは人によって出方が違います。
可愛くする人もいれば、大胆にする人もいるでしょう。

なんとなくわかりましたか?
正解は「くしゃみ」です。

「くさめ」とも読み、難読漢字の中でも難読といえるでしょう。
しかし、ハクションやクシュと出すくしゃみに漢字があったことが一番の驚きなのでは?

ヒントなしに読めたあなたは素晴らしいです。

(『広辞苑』より)

(2)「嚔」の語源


「くしゃみ」は、先ほど挙げた「くさめ」が語源です。
くしゃみが出たとき唱えるおまじない語になり、「休息万病(くそくまんびょう)」を早口に言ったものになります。

昔は嚔で早死にすると言われていました。
実際、徒然草にて「道すがら『くさめ、くさめ』と言ひもて行ければ」という一文があり、当時は本当に嚔に対して、呪文を唱えています。

そのくさめが変化し、くさみ→くしゃみへと言葉を変えていったのです。
くしゃみは、昔からある人間の行動のひとつであったと言えます。

今は早死にする恐怖より、恥ずかしさのほうが大きいですね……。

(『広辞苑』より)

(3)「嚔」について


「嚔」とは、一回ないし数回痙攣状の吸息を行った後、急に強い吸息を発すること。
鼻粘膜の刺激、または激しい光刺激によって起こる反射運動で、中枢は延髄にある。

嚔が起こる原理は、非常に難しいです。
鼻がムズムズし、そのあと勢いよく出るだけかと思えば、体の中ではさまざまなことが起こっています。

ちなみに、くしゃみのスピードをご存じでしょうか。
時速に換算すると、なんと160~320kmのスピードで口から出ていくのです。
このスピードは新幹線とほぼ同じ、もしくはそれ以上になります。

これほどのスピードで、口から唾液や細菌などを飛ばすため、マスクは必須です。

(『広辞苑より』)


人間の生理現象のひとつである「嚔」。
この漢字を知ったあかつきには、ぜひ周りの人に自慢してください。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/20 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます