ケニアのタクシー運転手に「ケニアで有名な日本人を教えて」と聞いてみたら意外な答えが続出! 日本人女性ヴォーカリストの名前も!! カンバ通信:第95回

拡大画像を見る

ジャンボ〜! チャオスです。ケニアの首都ナイロビでタクシー運転手やっとりますチャオスです。今回、ゴー(羽鳥)から「ケニアで有名な日本人を教えて」と聞かれたのね。ついでに「答えは、オレ以外でね(笑)」とか照れながら言っててね。

ゴー、別にケニアで有名じゃないから……(小声)。

それはさておき、何人かパッと思いついたので順不同で羅列していくね。なお、日本人じゃない場合もあるけど、日本にゆかりある……ってことでカンベンしてね。ではいくよ。まずはね……

1人目:ミソノの主人

MISONO(ミソノ)だね。ゴーと一緒に行ったこともある。あそこに日本人いるでしょ。(※編集部注:韓国人です) いろんな意味で思い出深いなぁ……。詳しくは過去記事「ケニアナンバーワン寿司職人を探してきた」を参照してね。

2人目:カシワのマイケル

日本人じゃなくてスマンけど、日本とゆかりの……って聞かれて思い出すのは、日本のkashiwa(柏レイソル)でプレイしていたサッカー選手、マイケル・オルンガだね。なにせ彼はケニア代表。日本でも大活躍したと聞いているよ。

3人目:Anyango(アニャンゴ / 向山恵理子)

この日本人女性はケニアでは本当に有名。なにせルオ語を自由自在に扱うんだぞ。日本人なのに。ああ、歌手ね。しかもルオ族の楽器「ニャティティ」を使って演奏して歌っちゃうんだ。ケニアでは有名なんだけど、日本ではどうかな?

──てな感じで、オレが知ってる日本人は、以上の3人って感じかな〜。(※編集部注:日本人、結局1人だけでした……

とにかくね、世界初のニャティティ女性演奏家であるアニャンゴさんは要チェック。YouTubeチャンネルもあるみたいなので、どんな楽器を操っているのかチェックしておこう〜٩( ‘ω’ )و ではね、クワヘリ〜!

参考リンク:アニャンゴTwitter、YouTubeチャンネル「Anyango」
執筆:チャオス(カンバ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 7/20 19:00
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます