【盛岡・マーキュリーC結果】マスターフェンサーが2馬身差完勝で連覇達成!

拡大画像を見る

 20日、盛岡競馬場で行われた第25回マーキュリーC(3歳上・JpnIII・ダ2000m・1着賞金2300万円)は、2番手でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の4番人気マスターフェンサー(牡5、栗東・角田晃一厩舎)が、4コーナー前で先頭に立つと、直後を追走していた1番人気バンクオブクラウズ(牡4、栗東・石坂公一厩舎)を直線で突き放し、最後はこれに2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分5秒7(良)。

 さらに10馬身差の3着に2番人気ヒストリーメイカー(牡7、栗東・新谷功一厩舎)が入った。なお、3番人気デルマルーヴル(牡5、美浦・戸田博文厩舎)はヒストリーメイカーと1馬身差の4着に終わった。

 勝ったマスターフェンサーは、父ジャスタウェイ、母セクシーザムライ、その父Deputy Ministerという血統。前走の平安S・11着から見事巻き返し、マーキュリーCの連覇を果たした。重賞は4勝目。

関連リンク

  • 7/20 16:54
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます