【船橋・ひまわり賞結果】1番人気の古豪リッカルドが1年7か月ぶりの勝利

拡大画像を見る

 19日、船橋競馬場で行われたひまわり賞(3歳上・1600m・1着賞金500万円)は、道中2番手でレースを進めた矢野貴之騎手騎乗の1番人気リッカルド(セ10、船橋・佐藤裕太厩舎)が、直線入り口で先頭に立つと、中団待機から直線伸びた2番人気エメリミット(牡4、船橋・林正人厩舎)に4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分40秒4(良)。

 さらにアタマ差の3着には6番人気トキノパイレーツ(牡6、川崎・八木正喜厩舎)が入った。3番人気に推されていたアドマイヤゴッド(牡9、船橋・川島正一厩舎)は4着に、JRAから転入初戦の17年全日本2歳優駿(JpnI)2着馬ドンフォルティス(牡6、川崎・佐藤博紀厩舎)は7着に終わった。

 リッカルドは父フサイチリシャール、母キョウエイハツラツ、その父オペラハウスという血統。前走半年ぶりの実戦で5着入着を果たしていたが、今回は59kgというトップハンデも問題にせず、19年12月以来1年7か月ぶりの勝利を手にした。通算成績はこれで58戦13勝。

関連リンク

  • 7/20 14:09
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます