米倉涼子『ドクターX』2年ぶり新シリーズ10月スタート! 「原点に戻って」意気込み語る

 女優の米倉涼子が主演する人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第7シリーズが、テレビ朝日系にて10月より毎週木曜21時に放送されることが決まった。今年で誕生から10年目に突入する本作の、2年ぶりの新シリーズとなる。

 本作は、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子が、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、手術や治療のため一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマ。2012年の誕生以来、全シリーズで高視聴率を叩き出し、全シリーズの平均視聴率20%超えの快挙を達成。橋田賞や向田邦子賞をはじめ各賞を総なめにした。

 今回の舞台は、100年に一度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院・東帝大学病院。東帝大は今や感染治療と内科を最優先し、不要不急の外科手術は延期する方針を採用。かつて花形だった外科は別棟の分院へ追いやられ、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が台頭の兆しを見せていた。そんな感染危機と新たな権力が渦巻く東帝大に舞い戻った未知子は、まるで戦場のように疲弊しきった医療現場でもひるむことなく、確実に目の前の命を救うべくまい進するが…。

 未知子が所属する神原名医紹介所の仲間を演じる内田有紀(城之内博美役)や岸部一徳(神原晶役)をはじめ、縦社会の医局で“御意軍団”を形成する外科医を演じる遠藤憲一(海老名敬役)や勝村政信(加地秀樹役)、鈴木浩介(原守役)、さらに前作ラストで東帝大院長の座を奪われた蛭間重勝を演じる西田敏行ら、常連メンバーも再結集する。

 米倉はシリーズ誕生から10年目に突入することについて、「この10年は自分自身の歴史をものすごく振り返られる時間。まさか大門未知子という1人の女性の歴史が10年続くなんて…! 私の人生設計になかったことなので、ありがたい限りです」と、しみじみ振り返る。

 また、「『ドクターX』第1シリーズの未知子って、もっと無口で、今より落ち着きがあったんですよね。セリフも昔は少なくて、基本的に口を開けば『私、失敗しないので』と『いたしません』。それがインパクトにつながって、大門未知子のイメージが定着したと思うんです」とした上、「今回の最新シリーズでは原点に戻って、少し落ち着きを取り戻したいな、と。この10年の経験を経て、もっと自信を持って、大人になって帰ってきた未知子でありたいな、と思っています」と話している。

 ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第7シリーズは、テレビ朝日系にて10月より毎週木曜21時放送。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 5/19 5:15
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます