快適さを追求したら“曲線”になった! ロジクールからエルゴノミックキーボード「ERGO K860」

拡大画像を見る

 ロジクールは、「ERGO K860 エルゴノミック スプリット キーボード」を、8月19日からオンラインストアと首都圏を中心とした一部家電量販店で販売する。

 「ERGO K860」は、湾曲したパームレストが一体となった、ブランド初のエルゴノミックキーボード。手首をひねることなく左手と右手で三角形を作る、自然な姿勢をとりやすくするため、キーを曲線状に配置。左右のキーを25度の角度で分割したキーレイアウトと、12度の角度で山形に盛り上げた流線型のデザインを採用している。
 より自然でリラックスした姿勢を促すことで、パームレストのない従来のロジクール製キーボードと比べると手首の曲げを25%軽減しながら、54%高い手首サポートを提供する。また、そのサポートにより、指先がまるで浮かんでいるかのように軽いタッチで入力できる。
 Windows/Mac両対応で最大3台のデバイスに同時にワイヤレス接続が可能となっている。デバイス間の切り替えはEasy-Switchボタンを押すだけ。コンピュータ間でファイルや文書、画像を転送するLogicool Flowに対応している。価格はオープンで、ロジクールオンラインストア価格は1万6940円。

関連リンク

  • 7/20 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます