リヴァプールが2選手を放出へ…それぞれ期限付き移籍先へ再加入の見通し

拡大画像を見る

 リヴァプールは今夏、MFマルコ・グルイッチとFWタイウォ・アウォニイの2選手を放出する可能性が高まっているようだ。20日付けでイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 2020-21シーズン開幕前、出場機会を求めたグルイッチはポルトへ、タイウォはウニオン・ベルリンへとそれぞれ期限付き移籍を果たした。そして今回の報道によると、今夏リヴァプールへと戻ってきた両選手は、それぞれ所属していたクラブへ移籍する見通しが立っているという。

 グルイッチは2020-21シーズンの公式戦36試合に出場を果たしたポルトへ1050万ポンド(約15億円)の移籍金で、タイウォは22試合に出場したウニオン・ベルリンへ650万ポンド(約9億円)の移籍金で、それぞれ再加入する予想が報じられている。

 新シーズンに向け、リヴァプールで定位置を掴むべくプレシーズンキャンプに参加していた両選手だが、どうやら新天地を求めることになりそうだ。

関連リンク

  • 7/20 18:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます