MF杉本竜士、約5年ぶりに東京Vへ復帰「ヴェルディの力になれるよう精進していきます」

拡大画像を見る

 東京ヴェルディは20日、横浜FCからMF杉本竜士が完全移籍で加入することを発表した。

 現在28歳の杉本は東京ヴェルディの育成組織出身で2011年にトップチーム昇格を果たすと、5シーズンに渡って同クラブの公式戦90試合に出場し8ゴールを記録した。その後、名古屋グランパス、徳島ヴォルティス、横浜F・マリノスでプレーすると、2020年8月に横浜FCへ期限付き移籍。今シーズンからは完全移籍に切り替わり横浜FCで公式戦11試合に出場していた。

 約5年ぶりの古巣復帰が決定した杉本は東京ヴェルディの公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「この度、東京ヴェルディに移籍することになりました。ヴェルディのサポーターの前でプレーできることをとても幸せに感じていますし、すごく楽しみにしています。ヴェルディの力になれるよう精進していきます。よろしくお願いします!」

関連リンク

  • 7/20 18:23
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます