元野良猫を引き取ったら…1か月後の『変化』に、ほろり

拡大画像を見る

保護施設にいた、1匹の猫を引き取って育てている、Nuruli(@nurulilom)さん。

愛猫と暮らし始めてから、気付いた変化を漫画で描き、話題になっています。

保護施設に来る前は、元野良猫だったという愛猫。初めて会った時は、パサパサと乾いた毛並みと荒れた肉球をしていて…。

1か月が経ち、お互いのいる生活に慣れてきた、Nuruliさんと愛猫。

隣で眠る愛猫の後ろ脚を見ると、そこにはきれいなピンク色をした、やわらかい肉球があったのです。

自宅という安全な場所で、Nuruliさんの深い愛情と丁寧なケアを受けて、愛猫は少しずつ変わっていったのでしょう。

「読んで涙が出てしまいました」「愛情を注いだ証ですね」といった声が多く寄せられた今作品。

Nuruliさんは、愛猫と生活をともにする中で、今後も新しい発見に驚かされ、時に心癒されるに違いありませんね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @nurulilom

関連リンク

  • 7/20 17:55
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます