歴代の五輪メダリストには、とんでもない「名言・珍言」があった!

拡大画像を見る

 紆余曲折を経ての東京五輪開幕だが、歴史を振り返れば「名言」だけでなく、思わず耳を疑う「珍言」も少なくない。ソウル五輪・レスリングフリースタイル48キロ級で金メダルに輝いた小林孝至。ところが、電話ボックスにメダルを忘れて大騒動に。

「見つけた方はご連絡ください」

前代未聞の珍事だったが、幸い、メダルはすぐに発見者から届けられた、そして小林は「金メダルを2度もらうようなもの」と感激した。北京五輪・柔道100キロ超級で金メダルに輝いた石井慧は、高らかに放った。

「僕のプレッシャーなんて、斉藤仁先生(男子柔道監督)のプレッシャーに比べたら、屁の突っ張りにもなりません」

 これには解説の篠原信一氏が「しゃべるな」と苦笑いした。シドニー五輪・競泳400メートル個人メドレーで銀メダルとなった田島寧子は、すかさず「金がいいです~」と本音を漏らし、庶民的だと人気が上昇。ところが、まさかの女優転向を口にしてから世間の評価は一変。田島自身は朝ドラ出演を勝ち取るなど成果は見せたものの、バッシングを乗り越えることができず、芸能界からも引退した。

 7月20日発売の「週刊アサヒ芸能」7月29日号では、ほかにも鮮烈な記憶を残す言葉の数々を網羅している。

関連リンク

  • 7/20 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます