心にグッとくる!角田光代のおすすめ小説作品6選

拡大画像を見る

それぞれの人生、それぞれの幸福。物語に登場する様々な立場の女性と、その緻密な心理描写が魅力的な角田光代。読んでみると、心にグッとくる台詞や共感できるシーンがたくさんあります。今回は、代表作から知る人知る名作まで、おすすめ小説作品を紹介していきます。

1:幸福な遊戯

この商品の販売サイトをチェック

幸福な遊戯

¥ 638

https://m.media-amazon.com/images/I/4160WBYNP9L._AC_UL320_.jpg

詳しく見る

〇あらすじ
サトコは、ハルオと立人の三人でルームシェアをして暮らしている。家賃を折半して生活するうえで、色恋沙汰で誰かが出ていってしまわないために「交際禁止」のルールを設けた。しかしサトコは、そのルールを破ってしまう。そして次第に、三人の関係が狂い始めていく…。

〇おすすめポイント
短編集なのでさっくり読みたい人におすすめ。それぞれ異なる設定の主人公が出てきます。
特に銭湯を利用している客たちのシーンはかなりリアルで、印象的でした。

〇まずはデビュー作から!
角田光代と言えば「対岸の彼女」によって知名度が上がりましたが、やはり紹介するうえでデビュー作は欠かせません。緻密な心理描写が突き刺さります。もしかしたら共感する人もいるかもしれません。角田光代ワールドに浸かりたい人は、この作品から読み始めてみるのもおすすめ!

2:対岸の彼女

この商品の販売サイトをチェック

対岸の彼女 (文春文庫)

¥ 704

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41uxp6VjzdL._SX367_BO1,204,203,200_.jpg

詳しく見る

〇あらすじ
小夜子は、3歳の子どもを持つ専業主婦。ところが根っから人付き合いが苦手で、ママ友も作れずにいることに悩んでいた。心機一転、小夜子はとある会社の面接に行くことに。そこで女社長・葵と出会ったことで生活が変化していく…。

〇おすすめポイント
第132回直木三十五賞受賞作作品。読む作品に困ったらこの作品がおすすめ。

〇ドラマ化もされました!
夏川結衣、財前直見のW主演で映像化もされています。気になる人はチェックしてみてください。

3:ピンク・バス

この商品の販売サイトをチェック

ピンク・バス

¥ 440

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51W9E9EZJSL._SX331_BO1,204,203,200_.jpg

詳しく見る

〇あらすじ
妊娠が判明し、人生の絶頂期にいるサエコ。ところが、消息不明だった夫の姉・実夏子が転がり込んでくる。真夜中にメイクをするなど、奇行が目立つ実夏子との生活とどれだけ訴えても行動を起こさない夫にサエコのストレスは限界に…。

〇おすすめポイント
妊娠中の女性を主人公の心の揺れ動きはリアルでした。大変な時期に夫と上手く付き合えなかった人も多いのではないでしょうか。角田光代作品のなかでは、抽象的で暗喩な部分が多く、不思議な感覚を味わえる一作でした。


〇短編じゃ物足りない人に!
本作は中編集となっており、「昨夜はたくさん夢を見た」も収録されています。短編じゃ物足りないし、長編は苦手。そんな人におすすめしたい作品。一風変わった作風のため、知る人ぞ知る作品を探している人におすすめ。

4:薄闇シルエット

この商品の販売サイトをチェック

薄闇シルエット

¥ 565

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41pRrP1GIiL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

詳しく見る

〇あらすじ
ハナは、37歳の女性。大学時代の友人と立ち上げた古着屋を経営している。そんなハナには、29歳から付き合っている武田がいる。ある日、武田から「結婚してやる」という上から目線のプロポーズを受けるが、不遜な態度に疑問を抱き、破局。それからハナは色んな男性に出会うも、うまくいかない。そして父から、母が倒れたという連絡があり…。

〇おすすめポイント
アラフォー世代の女性を主人公にした作品。やりたいことが見つからないまま、惰性のように過ごすハナ。しかし周りは確実に変化していく。周囲との軋轢やハナが抱く感情がとても共感してしまいました。

〇「幸福」とはなんなのか?
本作は読み手にとって、ハナという女性がどのように見えるか全く異なってくるかと思います。「幸福」の形は人それぞれです。物語を通して、自分なりの「幸福」について考える良いきっかけになりました。

5:愛がなんだ

この商品の販売サイトをチェック

愛がなんだ

¥ 572

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51RYPNW10SL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

詳しく見る

〇あらすじ
テルコは、OLとして働く女性。田中マモルをマモちゃんと呼んで、好意を抱いている。その好意が強すぎる余り、テルコはマモちゃんのために全てを犠牲にしてきた。呼び出されれば時間に関係なく足を運び、欲しいものがあればどんな手を使っても用意する…。しかしふたりは付き合っていない。マモちゃんは、テルコに好意を持っていないのだ。それでも諦めきれないテルコは…。

〇おすすめポイント
テルコはいい意味でも悪い意味でも一途な女性です。美しくもあり、醜くも見えるその姿は、読者によって捉え方が異なるかもしれません。その複雑な恋模様と人間関係が、魅力的な作品です。

〇映画も必見!
本作は、実写映画も制作されています。岸井ゆきの、成田凌などが出演。
当時はSNSなどで話題になり、上映館が拡大されるなどロングランヒット作品となりました。知る人ぞ知る名作なので、原作とあわせてご覧ください。

愛がなんだ

愛がなんだ

2019年/日本/123分

作品情報 / レビューはこちら

6:八日目の蝉

この商品の販売サイトをチェック

八日目の蝉

¥ 649

詳しく見る

〇あらすじ
妊娠が望めない体になってしまった野々宮希和子。その原因である不倫相手には、赤ん坊がいた。和子はその子を誘拐し、自分の娘として育てることに…。

〇おすすめポイント
角田光代のなかでもドラマチックな展開が特徴的な作品。身ごもった野々宮希和子が、不倫相手から拒絶され、中絶に至る経緯は胸が痛くなりました。

〇映像化されています!
本作は、ドラマ・映画で実写化されるほどの人気作品です。映画版では井上真央、小池栄子などが出演。
キャッチコピーも衝撃的で、当時は話題の作品になりました。第35回日本アカデミー賞では、10冠獲得という記録も残しています。

八日目の蝉

八日目の蝉

2011年/日本/147分

作品情報 / レビューはこちら

関連リンク

  • 7/19 17:41
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます