西川貴教 小山田辞任の五輪「何とか無事に」同じアーティストとして

拡大画像を見る

 歌手の西川貴教(50)が20日、東京・ルミネゼロで行われた和太鼓集団「DRUM TAO」の新作公演「W-1」の記者発表に出席。鍛え上げた肉体美を武器にコラボパフォーマンスを披露した。

 囲み取材では、東京五輪開会式での楽曲制作担当を辞任したミュージシャンの小山田圭吾氏の話題に。同じアーティストとして意見を求められた西川は「他人様の事を言えるような立場じゃないけど、何とか無事に終わることを祈っています」と慎重に言葉を選んだ。

 まもなく開幕する五輪については「組織委員会、ボランティアの方は10年以上選手のために一生懸命やられている」と気持ちに寄り添いつつ、「本当に無事に競技が終わることを願っています」と語るに留めた。

 この日のステージはDRUM TAOの活動理念に共感した事からコラボが実現。和太鼓の音色とともに新曲「Judgement」を歌い上げ、ムキムキの胸筋も見せびらかせた西川は「この日が楽しみでした。短い時間だったけど、もっとやりたい」と再コラボを依頼した。

 西川は「ベストボディ・ジャパン2020日本大会」のモデルジャパン部門ゴールドクラス(50~59歳)で優勝した肉体の持ち主。今回のコラボを「たぶんこれ(筋肉)で来ているなと」と意図を読みつつ「いつでも呼んで頂ければ準備できている。ちなみにこの後もジムに行きます」と鍛錬を怠らなかった。

関連リンク

  • 7/20 16:46
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます