富裕層に人気の旅行先ランキング、コロナ禍の影響が浮き彫りに

拡大画像を見る

2021年の夏もコロナ禍により、旅行プランは大きな影響をうけそうです。
富裕層向けのクレジットカードの代表格であるダイナースクラブ プレミアムカード会員(以下、プレミアムカード会員)は、旅行に関する問い合わせデータを公開しました。

ダイナースクラブ会員から見る富裕層に人気だった旅行先ランキング2020年度の国内旅行関連の問い合わせ件数は、新型コロナウィルス感染症の拡大の影響もあり2019年度比で34%減という結果でした。
しかし、目的地別に問い合わせ件数を比較すると「小笠原・八丈島・伊豆七島」が前年比173%増、「北関東」が前年比123%増、「伊豆」が前年比117%増、「箱根・湯河原」が前年比115%増となっており、首都圏から近い観光地の問い合わせ件数は大きく増加しました※。
(※ダイナースクラブ会員の居住地域は、東京都32.1%、神奈川県10.7%、埼玉県5.2%、千葉県5.1%と一都三県で50%以上を占める)
また、富裕層の動向としてもう1つ特徴的な点は、「離島」を行先に選ぶ方や、ヴィラ・スイートルーム・露天風呂付客室など、お部屋内で完結できる宿泊先を選ぶ方が多くなったという点です。

これは、“密を避けてバカンス気分に浸ったり、家族との旅行を楽しむためには、少しお金をかけてでも、外部との接触を避けられる場所=離島や、ヴィラタイプ・スイートルーム・露天風呂付客室を選ぶ”という、コロナ禍ならではの傾向と言えます。

ダイナースクラブ 国内宿泊サービス拡充の取り組みダイナースクラブは、カード会員向けの国内宿泊サービスである「国内クラブホテルズ・旅の宿」を、2021年4月1日にリニューアル。
今回のリニューアルでは、参加施設も大幅に増加し、顧客からの要望が多かった優待も拡充され、より魅力的な宿泊優待へとパワーアップしました。

ホテルの場合は、朝食(1室2名様分)、宿泊ルームのアップグレード、ホテル館内クレジット(ホテル内利用券)の中から1つ以上提供し、旅館の場合は、宿泊ルームのアップグレード、食事のアップグレード、旅館内クレジット(館内利用券)の中から1つ以上を提供しています。
■「国内クラブホテルズ・旅の宿」優待内容
3つの優待から1つ以上をサービスが利用可能

●ホテル
1.朝食(1室2名様分)
2.宿泊ルームのアップグレード
3.ホテル館内クレジット提供

●旅館
1.宿泊ルームのアップグレード
2.食事のアップグレード
3.旅館内クレジット提供

今年の夏の旅行選びは“近場で贅沢”、“密を避けられる場所”のニーズが高まっています。
自粛期間あけの旅行先選びに、ぜひ参考にしてみてください。

【参考】
※ダイナースカード
https://www.diners.co.jp/ja/index.html
  • 7/20 15:00
  • WomanSmartLife

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます