RG 開会式4分で「五輪あるある4曲歌えます」の猛PR 岡崎「体育」もトレンド入り

拡大画像を見る

 お笑い芸人のレイザーラモンRGが20日、ツイッターを更新。「冒頭4分ならオリンピックあるある4曲歌えます」と猛PRした。

 ツイッターでは、小山田圭吾が東京オリンピック開会式の作曲担当を辞任したことを受け「#新しいオリンピックの音楽担当候補」というタグが立っており、その中で一般のアカウントが「レイザーラモンRG オリンピックあるあるメドレー」という案をツイートしていた。

 RGはこれをリツイートし「冒頭4分ならオリンピックあるある4曲歌えます」と自信をちらつかせ、ファンからは「オリンピックあるある、早く聴きたい!」のリプが寄せられた。

 さらにRGは18年に発表したファースト・シングル「いただきます」が「なんと4分08秒です!ちょうどええ!」とも投稿していた。

 五輪開会式の音楽については歌手の岡崎体育がツイッターで「岡崎体育といいます。体育です」「俺にやらせてくれ」と投稿しトレンド入りしている。

関連リンク

  • 7/20 14:22
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 当初の予定よりもかなり規模が縮小したが、それでも武漢肺炎の蔓延は避けられない。 下手に仕事したら自身のイメージダウンにならないか?岡崎体育とかやらん方が良いよ。

  • 4Gぃの白狐

    7/20 23:00

    今日も、また辞任しているが、これで五輪関係者何人目や(・_・)安心安全の五輪とか謳ってるが選手村からの感染や東京は千人越えてるけど、これで東京2020は安心安全五輪なんか?

記事の無断転載を禁じます