小山田圭吾『いじめ告白』の余波 ヒャダインに風評被害

拡大画像を見る

過去の『いじめ告白』に対する世間の反応を受け、ミュージシャンの小山田圭吾さんが、東京五輪開会式の楽曲担当から辞任することを発表しました。

一方、小山田さんの『いじめ告白』の余波は、思わぬところにまで現れています。

2021年7月19日、音楽クリエーターのヒャダインこと前山田健一さんは、自身のTwitterで風評被害に対するなげきを投稿しました。

小山田さんと、ひと文字違いの『前山田』であるため、ヒャダインさんがいじめを告白したと勘違いする人が続出した様子。

「関係ございません」と注意喚起するヒャダインさんに、励ましとなぐさめの言葉が寄せられました。

・小山田と前山田…とんだ勘違いですね。

・むしろ楽曲を担当して、この状況を救ってほしい。

・勘違いは本当に一部の人たちだけです。変わらず応援してます!

また、寄せられているコメントの中には、ヒャダインさんと小山田さんを勘違いした人に対して「調べもせず批判の声をあげるなんて、叩ければいいだけなのがよく分かる」といった鋭い指摘も。

さまざまな方面に影響を与えている小山田さんの『いじめ告白』の件は、当分、事態が収拾する雰囲気がなさそうです。

とばっちりで批判の声を浴びせられてしまったヒャダインさんは、今回の注意喚起で、1日も早く事態が落ち着いてくれることを願っているはずでしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 @HyadainMaeyamad

関連リンク

  • 7/20 14:02
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます