大人も大興奮!夏休み行くべき「ZUKAN MUSEUM GINZA」

拡大画像を見る

こんにちは、シティリビング編集部のだーおかです。
「こんなミュージアムがある現代に生まれた子供たちがうらやましい…!」そう思わずにはいられない新感覚の体験型デジタルミュージアム「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」が、7/16(金)に、東急プラザ銀座にオープンしました。

 

早くも話題の同ミュージアムは、デジタルとリアルが融合した空間をめぐりながら、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出合い、その知られざる生態、鳴き声などを間近で体感することができます。まるで図鑑の世界に入り込んだかのような没入感が味わえるのです!


同ミュージアムに登場するデジタル化された生き物たちは、「小学館の図鑑 NEO」シリーズからピックアップ。動いて、鳴いて、来場者が近づくと生き物は警戒して逃げてしまう…そんなリアルな生態が可視化されたことで、「図鑑で読んで知る」だけでは経験できなかった、「実体験で学ぶ」ことが可能に!まさに新しい“アカデミック・エンターテインメント”と言えそう。

いざ図鑑の中へ没入!
館内の静けさは生き物の世界そのもの


コンセプトは、生き物そのものを伝えること。だから「ZUKAN MUSEUM GINZA」内は、森の暗さや静けさ、時間によって変わる光のうつろいなど、まるで本当に生き物の世界に足を踏み入れたかのような感覚に。

 

ミュージアム内をめぐる上で欠かせないのが「記録の石」というナビゲートアイテム。映像には生き物が息をひそめるように隠れている場合もあるので、記録の石が生き物が近いことを知らせてくれたり、その生き物の名前や行動の理由を記録できます。(“エンディング”のコンテンツにも使う重要なアイテム!)

 


さっそく大きな生き物と遭遇!写真では伝aわりずらいかもしれませんが、↑このエゾシカ、めちゃくちゃ大きくて大迫力。小さい子供なら、圧倒されてしまうかも。こんな間近で観察できるが同ミュージアムの魅力です。

 


ん!?エゾシカを前に、記録の石が反応しています。こうやって生き物を記録してミュージアム内を回るのですが、コレクターになった気分でワクワクします。

 


ミュージアム内は5つのゾーンで構成されています。アリの目線になれる「アントビューゾーン」、美しい日本の川に生息する魚に出合える「ウォーターフォールゾーン」、森林の中「ディープフォレストゾーン」、淡水に暮らす生き物が現れる「アンダーウォーターゾーン」、草原が生い茂るサバンナ「ワイルドフィールドゾーン」(上記写真)。各ゾーンごとに珍しい生き物が登場するので、目を凝らして探してみてください!

 

子供連れはもちろん、パートナーや友人、誰と訪れても絶対に楽しめる銀座の新スポット「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」。ぜひ夏休みに訪れてみては?

 
●「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」●
【場所】中央区銀座5丁目2−1 東急プラザ銀座 6F
【アクセス】
東京メトロ(銀座線・丸ノ内線・日比谷線)銀座駅C2・C3 出口徒歩 1 分
東京メトロ(日比谷線・千代田線・都営三田線)日比谷駅A1 出口徒歩 2 分
JR(山手線・京浜東北線)有楽町駅銀座口徒歩 4 分
【営業時間】11:00~20:00
【休館日】東急プラザ銀座の休館日に準ずる
【チケット】
大人(18歳以上)2,500円/中・高校生1,700円/小学生1,200円/未就学児(3歳以上)900円
※障碍者割引あり(本人および同行者1人まで適用の金額)
「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」

関連リンク

  • 7/20 10:30
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます