朝ドラで「見覚えある2ショット」実現 玉置玲央と森田望智 昨年TBSドラマは不倫役

拡大画像を見る

 20日に放送されたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で、テレビ局の少しチャラい記者・沢渡(玉置玲央)が登場。同ドラマの公式ツイッターでは、玉置と、気象予報士の野坂を演じる森田望智の2ショットをアップし「#見覚えのある2ショット」とタグ付け。ファンからは「どこかで見た事あると思った」「スッキリ!」などの声が上がった。

 この日の「おかえりモネ」では、百音(清原果邪)が連れて行かれたテレビ局で、ニュースでの気象予報の打ち合わせが突然始まる。そこへやってきたのが沢渡。若い気象予報士の神野マリアンナ莉子(今田美桜)へセクハラとも取れる、チャラい言葉をかけまくり、それを見ていた野坂がやんわり注意する…というシーンが描かれた。

 「おかえりモネ」公式ツイッターでは「Jテレ社会部の記者、沢渡公平。優秀な記者ですが、調子のいい発言で野坂さんからは厳しく突っ込まれることも」との紹介文とともに、玉置と森田の2ショットをアップ。そして「#見覚えのある2ショット」とだけタグ付けした。

 これに気づいたファンからは「見てて気づきました!」「民放のトレンディドラマのノリだ!」「どこかで見た事あるんだけどって思ってたら…あースッキリ」「記憶に新しい2ショット」など続々反応が。

 玉置と森田は、昨年10月からTBS系で放送された「恋する母たち」で共演。玉置は仲里依紗演じるまりの夫の弁護士役で、森田は玉置の不倫相手の弁護士。夫婦仲を壊していく森田の怪演も話題となっていた。

関連リンク

  • 7/20 11:03
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます