力道山、ジャイアント馬場…日本中が沸いた!格闘技「伝説の必殺技」

拡大画像を見る

「残虐なショットだった」現地時間6月19日、米国ラスベガスのバージン・ホテルズ・ラスベガスで行われたWBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦、井上尚弥(28)対マイケル・ダスマリナス。井上は相手を終始、圧倒し、3回2分45秒、TKOで下した。キャリア21戦無敗、18回目のKO勝ちだった。

 試合を決めたのは、強烈な“左ボディ”。その衝撃をダスマリナスの母国、フィリピンのメディアも冒頭のように伝え、そのパンチの強烈さをレポートした。

「世界でも“モンスター”と呼ばれる井上の有利が予想されていたとはいえ、相手もIBFバンタム級ランキング1位の指名挑戦者。しかし、すべてで圧倒して、2R目からはガードを下げて、相手のパンチを誘う余裕すらありました。ダスマリナスは、“ハードすぎて息ができなかった”と振り返った左ボディは、19年に現WBCバンダム級王者ノニト・ドネアからダウンを奪ったときの再現のような強烈な一撃。井上本人も“自分が一番得意としているパンチのコンビネーション”と語っています」(ボクシングライター)

 血のにじむような日々の練習から生み出された必殺の左ボディ。井上が目標とする4団体統一も、この殺人ブローがあれば難なく実現するに違いない。

 今回は井上の左ボディのような必殺技と、その誕生の瞬間に迫ってみたい。

 戦後日本の人々を元気にした伝説のプロレスラー・力道山(享年39)。彼の必殺技は、代名詞とも言える“空手チョップ”だ。プロレス解説者の柴田惣一氏が解説する。

「怒りの形相で放つ“空手チョップ”で、巨漢の外国人レスラーをなぎ倒す姿が、敗戦でショックを受けた多くの日本人を勇気づけ、瞬く間に国民的ヒーローになっていきました。街頭テレビの前は、黒山の人だかり。テレビのあるそば屋は、プロレスの放送時間は、通常100円のそばを500円にしても、客があふれたといいますからね」

■ジャイアント馬場の「16文キック」の大迫力

 シャープ兄弟、ジェス・オルテガ、ルー・テーズ、フレッド・ブラッシーなど、日本マット界に上陸した強敵たちとの戦いは、空手チョップなしには語れない。

「空手チョップは、元関脇の力道山が相撲の張り手を応用してできたといわれています。より強力な技にするため、ハンマーで叩いて手の甲や指を鍛え、肉が割れて血が吹き出しても叩き続けたという逸話があります」(プロレス誌記者)

 そんな力道山の弟子だったジャイアント馬場(享年61)やアントニオ猪木(78)も、数多くの名勝負で必殺技を繰り出した。

「馬場さんは、やはり“16文キック”でしょう。2メートルを超える長身の馬場さんが足を上げると、強靭な下半身から繰り出される体重の乗った重いキックが、相手の顔面に軽々と届きました」(前出の柴田氏)

 巨人の投手だった馬場の足腰は、力道山に課せられたという一日3000回のスクワットで、さらに鍛え抜かれていたという。

「16文キックが素晴らしいのは、全盛期はもちろん、第一線から退いた後も使い続けることができたこと。3000試合連続出場の記録を打ち立て、“無事之名馬”と称せられた馬場さんを象徴する技でもありましたね」(前同)

 現在発売中の『週刊大衆』8月2・9日号ではこのほかにも、歴史に名を残すさまざまな必殺技を紹介している。

関連リンク

  • 7/20 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます