加藤綾子のサボテンが再びツボミを!一部ファンがドキドキする“妄想理由”とは?

拡大画像を見る

 フリーアナの加藤綾子が7月12日、インスタグラムで大切にしているサボテンの写真を公開した。サボテンが成長するのに合わせて加藤のバストが小さくなっていることから、一部のファンの間で加藤との関連性がささやかれていた。

「バストとの関係はわかりませんが、加藤の人生に“寄り添ってきた”ように見えるのは確かです。6月にツボミができた写真を公開した後、加藤は結婚を発表。インスタでの報告投稿ではこのサボテンの写真が公開され、花が咲いたことが明かされています」(週刊誌記者)

 そんなサボテンが、また新たにツボミをつけたと加藤は報告している。そこで今度はいったい何が起こるのかとささやかることになった。

「前回花が咲いた時は結婚だったので、今回もそのクラスの出来事だと考えられます。そうすると、もはや懐妊しかありません。加藤は現在36歳。年齢を考えるとそろそろ子供を作っておきたいはず。可能性は十分あると思います」(週刊誌記者)

 サボテンがつけたツボミは2つ。一部ファンの間では、双子ではないかとの妄想たくましい声もあるが、果たして真実は?

関連リンク

  • 7/20 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます