米スター、日本人妻と“5度目婚”した理由が、おもしろすぎる

拡大画像を見る

 今年初めに30歳年下の日本人女性、芝田璃子さんと結婚したニコラス・ケイジ(57)。日本で出会った璃子さんと絆を深めるきっかけとなったのは、なんとペットの話題だったそうだ。これまで4回の結婚と離婚を経験してきたニコラスだが、璃子さんが一風変わった動物を飼っていると知り、「これならうまくいくかもしれない」と思ったという。

◆飼っているペットを聞いて「運命の人」と確信

 このたび米情報番組『エンターテイメント・トゥナイト』に璃子さんとの出会いや結婚について語ったニコラス。出会って話をしているうちに、2人とも動物好きだということがわかり、共通点が多い事に気づいたと明かしている。

 そして、璃子さんがある変わった動物をペットとして飼っていると聞き、「彼女こそが運命の人」とピンと来たそうだ。

僕たちは日本で出会った。彼女に初めて会った時、とても素敵だと思ったよ。僕たちには共通点がたくさんあったしね。彼女も動物が好きだと言うから『ペットを飼っていますか?』って聞いたんだ。そしたら、『ムササビを飼っています』と答えた。彼女はムササビを2匹飼っていて、僕は『これだ。これはうまくいくかもしれない』と思ったね

◆コロナで京都に戻った璃子さんに、ビデオ通話でプロポーズ

 その後、付き合い始めたニコラスと璃子さんは、昨年2月ごろより一緒にいるところが目撃されるように。新型コロナウィルスの流行により、一時は離れ離れになったが、昨年8月にはニコラスが2人の婚約を明らかにした。

「彼女はニューヨークを離れて、日本の京都に戻ったよ。僕はネバダに戻ったから彼女とは6か月会っていないんだ」

「一緒に時間を過ごすことができてとても嬉しかったよ。だから僕は遂に言ったんだ。『君と結婚したい』ってね。フェイスタイム(無料ビデオ通話)越しに僕達は婚約したんだよ

 2人は、璃子さんの26歳の誕生日である1月10日に結婚許可証を申請し、今年2月にラスベガスで挙式した。

◆璃子さんがついにレッドカーペットデビュー

 そんな2人が、ついに夫婦そろって公の場に姿を現した。

 今月13日(現地時間)、ニコラスの最新主演作『Pig(原題)』のプレミア上映会が行われ、2人そろってレッドカーペットに登場。がっちり手を握り合い、カメラに笑顔を向けて幸せそうな表情を見せていた。

 これまでにパトリシア・アークエットやリサ・マリー・プレスリー、韓国系アメリカ人のアリス・キムさんとの結婚歴があるニコラス。さらに2019年3月には、エリカ・コイケさんというアジア人女性と4度目の結婚。しかし、泥酔した上での挙式だったとして、式の4日後に婚姻無効手続きをとり、世間をざわつかせた。そうしたこともあって、璃子さんと結婚した当初は「またか……」の声も上がっていた。

 ただ近年は私生活上のトラブルが目立っていたニコラスも、このたび最新作が公開され、次回作も公開を控えている。璃子さんという新たなパートナーを得て、公私ともに復活なるか注目が集まる。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 7/20 8:44
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます