二階堂ふみ『プロミス・シンデレラ』初回爆死!原因は吉岡里帆ドラマの「呪縛」

拡大画像を見る

 二階堂ふみ(26)主演のドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)の第1話が7月13日に放送され、平均世帯視聴率が7.9%(ビデオリサーチ調べ/関西地区)と、低調な出だしとなった。

 このドラマは、小学館のウェブコミック配信サイト「裏サンデー」と漫画アプリ「マンガワン」で連載中で、累計発行部数(紙+電子、既刊12巻)が200万部を超える、橘オレコの同タイトル漫画が原作。

 夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちのアラサーバツイチ女子・桂木早梅(二階堂ふみ)が、金持ちだが性格のすこぶる悪い男子高校生と、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていく物語。

 同局火曜ドラマ枠は、“胸キュンドラマ”として話題になった、20年1月期の上白石萌音(23)主演『恋はつづくよどこまでも』の初回が11.6%、同年4月期の多部未華子(32)主演『私の家政夫ナギサさん』が15%で、これらに比べると、今回は低調なスタートになってしまった。

 第1話では、ホームレス同然になった早梅の前に、突如、イケメン高校生の片岡壱成(眞栄田郷敦/21)があらわれる。早梅に興味をもった壱成は、彼女で暇つぶしをしようと自分の屋敷に連れていき、サイコロを振って出た目のミッションをクリアすれば、賞金をゲットできると持ち掛けて……という展開。

■恋とお金のドラマに反発?

 低視聴率の理由を探ると、まず、突拍子もない設定が視聴者に受け入れられなかったようだ。ここで思い出すのが、4月期放送の鈴木亮平(38)主演のドラマ『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)の、ヒロインのあいこ(吉岡里帆/28)に高額な報酬を対価に課された疑似恋愛ミッションだ。

 初回の平均世帯視聴率が6.5%と爆死スタート。そのまま上昇することなく、全話平均が5.4%に終わった『レンアイ漫画家』は、ヒロインがお金のために男性と恋をするという設定が、視聴者の反感を買ったようだが、『プロミス・シンデレラ』も似た過ちを犯してしまったのかも。

 また、眞栄田郷敦に男子高校生役は無理があったようだ。偶然だが、郷敦は『レンアイ漫画家』にも出演していて、ヒロインに想いを寄せるカフェの店長を演じていた。今回はその直後の放送ということもあり、イメージの修正ができにくかったと思われる。

 さらに、原作の壱成と郷敦のイメージが違うという視聴者の声も。ツイッター上では「もうちょい線が細い人であってほしい」「もっとシンプルなイケメン顔の子がよかったよ」「絶対壱成じゃないよ。なんかギャグっぽいんだよなぁ」などと、不満の声が寄せられていた。

 また、容姿端麗、成績優秀で誰からも注目される存在である、壱成の兄・成吾を演じるEXILE/三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典(32)や、人気芸者の菊乃を演じる元SKE48の松井玲奈(29)も、イメージと違って期待はずれという声もあった。

■俳優陣の力量に期待

 その一方で、二階堂は原作の早梅とルックスは少し違うものの、言動や雰囲気はハマっていると称賛する声が多かった。ドラマも滑り出しこそ設定のせいでドタバタしていたが、中盤からは二階堂の力技の演技でドラマを成立させていた。

 特に、壱成の実家の高級老舗旅館「かたおか」で働くようになってから、大女将(三田佳子/79)や仲居らとの絡みが軽妙で、今後の早梅の活躍を期待したい。また、早梅と成吾は10年前に出会っているようで、その関係は意味深な伏線になる雰囲気を漂わせている。

 第2話の予告動画によると、早梅をめぐって壱成と成吾の兄弟恋愛バトルが早くも勃発。菊乃を交えた恋の四角関係に展開しそうだ。二階堂をはじめ、演者の力はしっかりしているので、ストーリーが進むうち、違和感を覚えていた各キャラになじめてくれば、視聴率の上昇の可能性がありそうだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 7/20 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます