大谷翔平、全米で報じられた「もうひとりの彼女」と驚異の「超アッパー弾」

拡大画像を見る

 7月19日(日本時間)、ロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平(27)が、本拠地アナハイムで行われたシアトル・マリナーズ戦に「2番・DH」で出場。9回2死の土壇場で回ってきた第5打席に、34号2ランホームランを放った。

「リリーフ右腕のポール・シーウォルド(29)に、フルカウントまで追いつめられた大谷は、7球目、見逃せばボールになる内角低めのスライダーに対し、まるでゴルフのような“超アッパー”スイング。見事、打球をセンター方向へと運び、飛距離419フィート(約127.7メートル)のホームランにしてしまいました。地元放送局で解説を務めるエンゼルスOBのマーク・グビザ氏も、“ただただ信じられません。現実離れしています”と驚嘆の声を漏らしたほどの衝撃弾です」(スポーツ紙記者)

 この試合で後半戦初アーチを飾った大谷は、ランキング2位のブラディミール・ゲレーロJr.(22)との差を3本に広げ、両リーグの本塁打キングを独走中。7月14日(日本時間)のMLBオールスターでは史上初めて“リアル二刀流”で出場するなど、常に全米の度肝を抜いてきた大谷だったが、7月20日はアスレチックス戦に後半戦初めて先発するなど、その活躍ぶりは、変わらず続きそうだ。

 その一挙手一投足に全米の注目が集まる大スターの大谷に、プライベートである騒動が勃発していた。

■女子ソフトボール選手とのツーショット

「SNS上で、“大谷には女子ソフトボール選手の彼女がいた”として、大谷とセクシーな女性との2ショット写真が拡散されたんです。その写真は、女子ソフトボール・プエルトリコ代表のカマラニ・ドゥン(24)が大谷に抱きつき、大谷が照れたような笑みを浮かべている写真。この投稿は瞬く間に拡散され『大谷の噂の彼女』として、ネットニュースにもなるほど、全米を賑わしました」(芸能ライター)

 しかし、この報道にはこんなオチが……

「実は、それはカマラニさんが3年前にインスタへ投稿したもので、大谷だけでなく、他の選手とも撮影した2ショット写真があるなかの1枚でした。誰かがこの写真を『大谷の彼女』として勝手にアップし、今回の騒動が起きてしまったようです」(前同)

 大谷の女性関係については、現地でも様々な憶測が飛んでいる。今年の5月には、スポーツ専門の放送局『FOXスポーツ・ウエスト』所属の美人リポーターであるアレックス・カリーさんが大谷を狙っている、という報道も流された。大谷の彼女候補に、これまで何人もの美女たちの名前が挙がってきたが、その中でも、やはり有力なのは、2018年から交際疑惑がささやかれている、元女子バレーボール日本代表の狩野舞子(32)だろう。

■改めて全米で報じられる日も?

「狩野は大谷とお揃いのブレスレットを着けたり、アメリカに赴き大谷の試合を観戦したことが判明したりと、これまで何度も話題に挙がってきました。さらには、大谷の管理栄養士を務める50代女性が狩野とつながっていることや、その女性を介して2人が知り合っていることも報じられています。

 大谷の父が、何度か狩野との結婚についてマスコミに直撃され、完全に否定していないことで、彼女候補の最有力として、ますます狩野に注目が集まっています」(同)

 7月5日の大谷の誕生日に合わせて、「誕生日」というワードを入れた“匂わせ”とも取れる投稿をインスタにあげている狩野舞子。改めて『大谷の噂の彼女』として、全米の注目を集める日も近いかもしれない。

関連リンク

  • 7/20 7:53
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます