『新しいカギ』開始半年で「敵前逃亡引っ越し」決定!粗品「舌禍事件」連発の余波!?

拡大画像を見る

 霜降り明星、チョコレートプラネット、ハナコといった人気芸人が出演するフジテレビ系のバラエティ番組『新しいカギ』(金曜20時)が、10月から土曜20時枠へ移動する方向で調整が行われていると、7月19日付の『東スポWeb』が報じた。

 フジテレビの土曜20時といえば、かつて『めちゃ×2イケてるッ!』などが放送されていた“看板枠”。しかし、霜降り明星の粗品(28)の失言により、その“昇格”の話が消滅する可能性もあると記事では伝えている。

 粗品は、7月9日深夜放送の『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、大規模土石流の被害に遭った静岡県熱海市について「熱海が終わったもんな、雨で」と発言。

 直後、粗品は同番組内で「現在も安否の不明な方がいる中で、配慮のない発言をしてしまい申し訳ございません。取り消してお詫びいたします」と謝罪したものの、その発言はいまだに関係各所で波紋を広げている。

 番組を放送するニッポン放送の檜原麻希社長は7月14日、オンライン会見で遺憾の意を表明。粗品についても「番組終了後、プロデューサーから厳重注意した。深く反省していると聞いている」と説明した。

『東スポWeb』によると、現在土曜20時に放送中の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』が視聴者に定着していないため、同番組を終了させて『新しいカギ』を土曜20時に移動させる案が浮上。しかし、粗品の失言により、その計画が保留になったという。

 制作会社関係者は話す。

「『新しいカギ』が、スタートからわずか半年にして現在の金曜20時から引っ越すのは間違いないようです。ただ、土曜20時ではなく、俳優の佐藤二朗さん(52)がMCを務めるクイズ番組『99人の壁』が終了し、『新しいカギ』は土曜19時枠で2時間SP番組として、『ドッキリGP』と交代で放送していくことになるようです。

 ただ、粗品さんについてはラジオでの失言もそうですが、『新しいカギ』での“まな板事件”や番組スタッフとの衝突もいろいろと報じられ、『新しいカギ』にもケチがついてしまったとも言えそうですね」

■粗品の一言でチョコプラ出演コントが消滅!?

 5月14日の『新しいカギ』で放送された、焼肉を食べながらゲストとトークをするコーナー「焼肉ソシナ」の収録の際に“まな板事件”が勃発。

 用意されたまな板をADが気を利かせて本番直前に洗剤で洗ってしまうということがあり、粗品がこれに激怒。「営業前の焼肉店で、洗剤でまな板を洗うなんてありえない。新しいのを用意して」となり、粗品が納得するまな板を買いに行くこととなり、“まな板待ち”で収録が数時間ストップしてしまったという。

 本番では、チョコレートプラネットが「大将がこだわり過ぎて、ちょっと押しちゃったんだよ」とチクリと言う場面もあった。

「面白いものを作りたい、笑いへのこだわりが強いからでしょうが、粗品さんは多くの現場で制作スタッフと衝突しているそうです。彼は台本や事前の準備を見て、“これ、ちゃいますねぇ”と口癖のように言うんです。スタッフの中にはこの言葉がトラウマのようになってしまっている人もいるほどです。

『新しいカギ』でも、自分が出演しないにもかかわらず、粗品さんが“これ、ちゃいますねぇ”と言い、消滅したコントもあったといいますからね」(前出の制作会社関係者)

 消滅したのは、チョコレートプラネットが出演する予定だったコントだという。

「準備が進められていたにもかかわらず、粗品さんの“これ、ちゃいますねぇ”という一言で、コントが1本なくなってしまったといいます。チョコプラは粗品さんよりも芸歴が長い先輩。“まな板事件”のときには、チクリと粗品さんをイジってもいました。

 ただ、コントが消滅した件については、特に何も言わなかったようです。それは粗品さんが『新しいカギ』のことを本気で良くしていこう、面白くしたいと思って真剣に取り組んでいるからだと言いますね。自分たちのコントが粗品さんの一言でなくなっても、その点については納得できたのではないでしょうか」(前同)

■『新しいカギ』は『沸騰ワード』に「惨敗」

 さまざまな波乱があるという『新しいカギ』だが、10月には金曜20時から引っ越すことになる。

「金曜20時は日本テレビの『沸騰ワード10』が大人気で、『新しいカギ』は今、各局で求められるコア視聴率で惨敗しているんです」(放送作家)

 7月16日の『新しいカギ』の世帯視聴率は5.8%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、コア視聴率は3.9%だった。同日、日本テレビでは『バスケットボール日本代表強化試合 日本代表 vs. ベルギー代表』の中継があったため『沸騰ワード』の放送はなかった。

 その前週の7月9日、『沸騰ワード 夏到来2時間SP』の世帯視聴率は10.7%、コア視聴率は5.1%だった。

「『新しいカギ』は『沸騰ワード』に完敗しているんです。また、『沸騰ワード』のあとに控えている『金曜ロードショー』も強いですからね。7月9日に放送された『バケモノの子』のコア視聴率は6.8%でした。

 さらに金曜20時には、マツコ・デラックスさん(48)と有吉弘行さん(47)の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)という強力なライバルもいて、『新しいカギ』は戦えていないというのがリアルなところ。

 また、『新しいカギ』は小さな子どもをターゲットにしているようなコントも少なくありません。であれば、土曜の、しかも19時という早い時間帯のほうがいいのではないか、という判断もあったのかもしれませんね」(前同)

 しかし、土曜19時にも嵐の相葉雅紀(38)がMCを務める『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系)やサンドウィッチマンと芦田愛菜(17)がMCを務める『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)などの人気番組がそろっている。

■サンドウィッチマン出演のライバルコント番組も台頭……

 7月9日、フジテレビの金光修社長(66)は『新しいカギ』について、「まだ発展途上ではありますが、親子視聴の割合が高く、1度見たら次回もご覧いただける方が多いと聞いております」とコメント。さらに「出演者・制作者ともに非常に若いチームですが、一丸となってコント作りに励んでいるので応援していきたい所存です」とエールを送った。

「局としても『新しいカギ』を後押ししているようで、新たにスタッフが増員されるという話もあるそう。しかし、現場には不満が充満しているといい、複数のスタッフが番組を離れている。現場からは“もう終わらせたほうがいいのでは”という声も出ているといいます。フジテレビには『ただ今、コント中』という新たなコント番組もありますからね」(前出の放送作家)

『ただ今、コント中』はフジテレビの単発コント番組で、メインキャストはサンドウィッチマン、バイきんぐ、かまいたちと、大人気芸人がズラリとそろう。7月10日には第3弾が放送され、ネットには「ただ今、コント中は新しいカギの10倍はおもろいな」「フジテレビは『新しいカギ』より『ただ今、コント中』をレギュラーにあげるべきだったのでは?」といった声も上がっている。

「たしかに『ただ今、コント中』は好感度ナンバーワンのサンドウィッチマンを筆頭に、出演者も魅力的ですよね。『新しいカギ』は10月から土曜19時枠に移動するといいますが、10月からの半年で結果が出せなければ、『ただ今、コント中』に取って代わられる可能性もあるかもしれませんね……」(前同)

『新しいカギ』は“土曜19時”という新天地で、今以上に視聴者を魅了する番組になることはできるのだろうか!?

関連リンク

  • 7/20 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます