フリー女子アナが嫉妬!「エグい」田中みな実「写真集ギャラは1億2000万円」無双モード

拡大画像を見る

 7月15日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、大島由香里(37)、神田愛花(41)、中村仁美(42)、大神いずみ(52)、塩地美澄(39)、豊崎由里絵(33)ら女子アナウンサーが登場。嫉妬する女子アナやギャラ事情などを赤裸々に語った。「フリーになって給料がエグイほど上がった?」という質問には、大神以外の全員が「いいえ」と回答。唯一「はい」と答えた大神は、他の女子アナたちに「ちょっとなにそれ」「絶対違うって」「好感度ってそうやって上げるものじゃないから」とツッコんだ。

 しかし、中村は「今、単価めちゃめちゃ低いです」といい、神田は大神がフリーになった時期について「バブルですよね?」「だからですよ」と指摘した。大神はフリーになってから、局アナ時代よりも「倍とか、倍以上」「1本で1か月分ぐらい」ギャラが上がったと告白し、他の女子アナたちから羨望の声が上がった。

 そこでダウンタウンの浜田雅功(58)が「じゃあ、皆さんがフリーになって稼いでいるであろうという人は誰になるんですか?」と質問。中村は「ほんとごく一部の方たちだと思います」「やっぱり帯(番組)をやっている方は相当いただいていると思う」と答え、『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターである有働由美子(52)の名前を挙げ、「たぶん、週で稼ぐ額はエグイと思います」とぶっちゃけ。大島も、同期だという『NEWS23』のメインキャスターである小川彩佳(36)の名前を挙げ、他にもゴールデン番組でレギュラーを多く持つ加藤綾子(36)の名前も挙がった。

 神田は「帯をやらずに超稼いでるフリーアナがいます。滝川クリステルさん」と、滝川クリステル(43)を挙げ、「単価がフリーアナの単価じゃないはずです」と断言した。

■田中みな実は別格?

 さらに自身も写真集を出しているという塩地は田中みな実(34)を挙げ、田中が出した写真集『Sincerely yours...』について「相当な売り上げを誇ってる。計算してみたんですけど、1冊1980円×大体60万部ぐらい売れているのですけど、売り上げがおよそ12億」「印税が大体10%で契約していると想定すると、手元に入ってきてるのはおよそ1億2000万円」と具体的な数字を出して解説。他の女子アナからは驚きの声が上がり、松本人志(57)は「10%よりもうちょっともらってるんちゃうかなと俺も思う」と推測していた。

 写真集の売り上げもさることながら、田中は現在『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)、『グータンヌーボー2』(フジテレビ系)などレギュラー番組の他、大手企業のCM6本に出演。女性誌、ファッション誌での連載を3本抱え、“美のカリスマ”として女性から絶大な人気を誇っている。また2019年放送のドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)で女優としてデビュー、このときのギャラは1クール300万円だといわれていたが、その後も女優としてキャリアを重ね、確実にギャラはアップしていそうだ。

 現在放送中の中川大志(23)、新木優子(27)ダブル主演の『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)では、準主役級の扱いで出演している田中、すでにアナウンサーの枠を超えて活躍しているので、そのギャラもいわゆるフリーアナとは比較にならなそうだ。

関連リンク

  • 7/20 6:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 別に、売れればそれだけの報酬が有ると思うよ❗🎵只のヒガミではないのか~❔

記事の無断転載を禁じます