「まるでホラー映画」ケミカルピーリングで顔が爛れるも結果に満足してると明かす女性(英)

拡大画像を見る

英ボーンマス在住のアマンダ・ワトキンズさん(Amanda Watkins、51)は美容クリニックで、美肌効果が望めるとして医師からケミカルピーリングを勧められて施術することにした。アマンダさんはケミカルピーリングに1800ポンド(約27万円)を投じて、特に目元のシワが気になっていたことから目の周りに最も酸性の強いフェノールという薬品を使用した施術を5月26日に受けた。

ところがその痛みは、彼女にとって非常に堪え難いものだったようだ。アマンダさんは目の周りに薬品を塗布した後、あまりの激痛に顔全体への施術を一旦断ったという。しかしクリニックの医師から「美しさには痛みが伴う」と説得され、そのまま施術を進めた。だがアマンダさんはその後2日間、目の周りが腫れて目を開けることができなくなってしまった。

さらに症状は酷くなり、感染症を防ぐためクリニックで消毒用の黄色いパウダー状の薬品を目のまわりに塗布し、顔全体は腫れて焼け爛れたようなかさぶたができていた。アマンダさんは当時の姿について「約1週間、私はホラーコメディ映画『ビートルジュース』のようだった」と話している。

同映画に登場する「ビートルジュース」は目の周りがドス黒く顔全体が白いキャラクターで、当時のアマンダさんは目の周りが黒ずんで顔面には剥離した角質が白く浮いていたため、確かにビートルジュースのように見えなくもない。アマンダさんはこのように振り返った。

「目の周りのシワが酷くて化粧をしてもパウダーがシワの間に溜まってしまい、自分の写真を拡大して見て落ち込んでいたんです。ケミカルピーリングをしてすぐに腫れるようなことはなかったのですが、日焼けしすぎた肌のような全体がつっぱっている感じがしました。」

「そして2日目にはそれが悪化し、3日目にはひどく腫れて目を開けることがほとんどできませんでした。皮膚が剥がれ始めて酷い状態だったのですが、私はこの現状を他の人たちにも知ってもらおうとTikTokに動画を投稿したのです。だけどほとんどの人が私の顔が化粧やフィルターなどで加工していると思ったようです。後日、私の動画はあまりにグロテスクだったため削除されてしまいました。」

ケミカルピーリングの施術において何か間違いがあったのではないかと思わざるを得ないアマンダさんの様相だったが、全ては美容治療の過程で起こる通常の症状だったという。アマンダさんの肌は1週間を過ぎたあたりから徐々に腫れが落ち着き、古い角質が剥がれ新しい皮膚に生まれ変わっていったという。

そして施術から1か月後、アマンダさんは見違えるような美しい肌を手に入れることとなった。彼女は高額な施術費に加え精神的にも苦痛を感じるほどの経験をしたにもかかわらず、施術の結果に非常に満足しているとのことだ。

しかしアマンダさんは、ケミカルピーリングを検討している人々に対して治療が完了するまでの間に実際どんなことが起こるのかを伝えたいと思っているそうだ。

画像は『Mirror 2021年7月12日付「Woman ‘looked like Beetlejuice’ for a week after traumatic £1,800 face peel」(Image: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 7/20 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます