【生活の知恵】これなーんだ?実は今まさに欲しいアレ…!

○ダニシートの種類にはどんなものがある?

一口にダニシートと言ってもダニの駆除方法で見ると大きく分けて3つパターンがあります。

ダニが嫌がる匂いを発することでダニの忌避効果を発揮する「忌避タイプ」
逆にダニの好む匂いを誘引剤として用いてダニシート内部の粘着シートでくっつけて捕獲する「粘着タイプ」
最後に粘着シートではない別の方法でダニを死滅させる「特殊タイプ」の3つです。

薬局などで購入できるのは「忌避タイプ」と「粘着タイプ」、一方で特殊タイプのダニシートはネット通販などで購入が可能ですが種類は多くはありません。
一般的にダニシートといえば粘着タイプのものが主流です。

もっと見てみる!

ダニシートを選ぶ時のポイント

巷では多種多様なダニシートが販売されていますが、どれを購入すればいいのかわからない方のためにダニシートを選ぶポイントと評価基準をご紹介します。

ダニシートのタイプ(忌避/粘着/特殊)
安全性(殺虫成分の有無/主成分は何か/各種安全性試験の結果公表の有無)
③誘引剤の匂いの有無
④価格(コストパフォーマンスの良さ)
⑤捕獲できるダニの種類
商品の信頼性(捕獲データ公表の有無など)
⑦その他購入特典や割引の有無

上記の7点がダニシート購入時に気にするべきポイントです。
この中でもダニシートのタイプと効果の有無、安全性に関しては必ず確認するようにしておきましょう。

もっと見てみる!

○ダニシートを選ぶ際の注意点①:効果

まず効果の有無に関していうと、どのダニシートのタイプを選ぶかが重要になります。

・「忌避タイプ」

この際に「忌避タイプ」のダニシートはダニを遠ざけるだけで死滅させる効果は無く、根本的な解決にならないので選ばないようにしましょう。
押し入れの中の布団にダニが寄ってきて欲しくない時には効果的ですが、ダニ刺されの対策としては不十分です。

・「粘着タイプ」

「粘着タイプ」のものは商品によって品質に差があり、効果があるものもありますがダニが粘着面にくっつく事なくその上を歩いたり、ダニシートが逆にダニの温床になってしまう事もあるので注意が必要です。

ここを確かめるためにはダニの捕獲データを公表しているかどうか、そして人を刺すことがあるツメダニを捕獲できるかどうかを基準に選ぶとよいでしょう。

もっと見てみる!

○ダニシートを選ぶ際の注意点②:安全性

ダニシートは寝具やカーペット、ソファなど常に体が触れるところに設置するので、選ぶ際には「安全性」にも注意を向けたいところですよね。
特に小さなお子さんが使う寝具には、
外部の検査機関で安全性試験を行っていて、その結果をしっかりと公表している商品を使うようにした方が良いでしょう。
布団の下に敷くようなダニシートの場合、お子さんが見つけて誤って口に入れたりしてしまう事もあるので、経口毒性試験をしているかどうかなども重要なポイントとなるでしょう。

もっと見てみる!

おすすめのダニシートTOP3

・おすすめ第1位:ダニ捕りロボ

ダニ増殖抑制率100%の圧倒的効果と安全性試験をしっかり行ったダニシート。
高価な部類に入りますが、乳幼児がいる家庭で安全にダニを駆逐したい方におすすめのダニシートです。

・おすすめ第2位:ダニピタ君

数あるダニシートの中でも珍しい「全額保証金制度」がある商品
安全性試験の結果をしっかりと公表しており、粘着式ダニシートの中では最も信頼がおけます

・おすすめ第3位:ママのための置くだけ簡単ダニシート

1枚あたり1日約3円で使えるコスパの良さが一番のおすすめポイント。
安い分枚数を多く使ってもコストはそこまでかからないので、安価に広範囲のダニ退治を行いたい場合にはおすすめです。

もっと見てみる!

ダニ捕りドットコム [PR]

もっと見てみる!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/14 23:53
  • LIMIA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます