「おかのした」ってどういう時に使うの?《正しい意味と使い方》を今のうちに知っておこう!

あなたは「おかのした」という言葉を耳にしたことはありますか?今回はこの言葉の意味や使い方をチェックしていきます。知らない人はぜひ確認してみてくださいね。

「おかのした」の意味


まずは「おかのした」という言葉の意味についてご紹介していきますよ。「おかのした」と聞いて、あなたはどんな意味を思い浮かべましたか?中には「丘の下」という言葉が浮かんだ人もいるのではないでしょうか。ですがこれは「丘の下」ではないんです。「おかのした」の言葉の意味はたったひとつ。実は「わかりました」なんです。まさかこんなに馴染み深い言葉だと思いませんでしたよね…!意味が分かったところで、今度は使い方をご紹介していきますよ。

「おかのした」の使い方


「おかのした」という言葉は「わかりました」という意味だということが分かりましたね。使い方はいつもの「わかりました」の代わりに「おかのした」をいれるだけでOK。「○○しておいてもらえる?」「おかのした」のようにシンプルに使うことができますよ。意味を知ると一気に使い方も理解できますね!こんなに簡単な意味だとは知らなかった…!なんて人もいたのではないでしょうか。

「おかのした」の由来・成り立ち


では最後に、「おかのした」という言葉の由来や成り立ちについてご紹介していきますよ。「おかのした」という言葉、そもそも「りょ」のように短縮されたわけでもなければ、合言葉のような分かりやすい言葉でもありませんよね。ではどうしてこの言葉が生まれたのでしょう。実はこの言葉は、元々はネットスラングなんです。由来は、とあるビデオの中で演じた役者さんの「わかりました」という言葉が「おかのした」と聞こえたことからはじまっているんです。特殊なビデオの中での言葉ですが、一気に広がったことから知っている人も多いようです。ですが、安易に使ってしまうとそのジャンルをかじっている人だと思われることも…使う際は十分に気を付けてくださいね。

「おかのした」、もう理解できた?


「おかのした」という言葉は特殊な場面で生まれた言葉でした…!由来などがさらに詳しく気になる人は、調べてみてくださいね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/19 21:45
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます