48歳で「早期退職」したものの、再就職できず…相談者に江原啓之が届けた言葉は?

拡大画像を見る

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。7月11日(日)の放送では、転職のお悩みメッセージを中心に紹介し、「仕事とは何か」をテーマにお届けしました。


◆書類選考で落ち続け、心がめげそうに…
私は、やむを得ない理由で会社の早期退職制度に手を挙げ、4月30日付で退職しました。今年で48歳になりますが、数多くの企業応募の段階で落ちています。覚悟はしていましたが、流石に応募段階で選考に落ちると心がめげてしまいます。家族を養い、守るためにも必ず転職を成功させる意気込みはあります。

そこで質問です。どのような企業様とご縁があるかは、まだわかりませんが、転職先としてご縁があった企業様というのは、やはり指導霊様からの「この人はここの会社で学びなさい」というメッセージなのでしょうか? 現世での魂の成長のために頑張ろうと思っています。今、経験している転職探しの苦労も大切な経験と捉えています。転職に対する心構えなどもございましたら、ご教示いただければ幸いです。

◆江原からの“ことば”
「覚悟はしていましたが」とありますが、覚悟をしていなかったと思う。48歳だったら、どんな人でも落ちるのが当たり前です。落ちて当たり前なのだから、めげないこと。

そしてもう1つ。「指導霊様が……」とありますが、指導霊は会社を見つけてはくれません。みなさんも覚えておいてくださいね。私たちは天からの操り人形ではありません。現世は、私たちに自由な意思を与えて、送り出してくれている修学旅行のような地です。修学旅行では、いちいち「これをしなさい」「これを買いなさい」などと細かいことまで言われませんよね。

スピリチュルなことでいうと「波長の法則」「類は友を呼ぶ」。そのようなことで引き寄せて、決め手は念力です。あとは就職に対する“努力”を応援してくれます。その応援をするのが指導霊です。指導霊はあくまで応援のみ。主体はあなたです。そのことは忘れないでいただきたい。頑張ってくださいね(鈴の音)。

あと、みなさん意外とお金の計算に甘いですよね。これは大事なことです。ここは現世ですから、自分が食べていく算段ができていて、“いざとなればこれをすればいいや!”ということを、すべて組んだ上で動いていかないと。そういう甲斐性は大事です。

◆江原啓之 今宵の格言
「怠惰と躍進との違いが分かれ道です」
「天職と適職の違いを理解しましょう」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。番組サイトまでお寄せください。

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連リンク

  • 7/19 21:10
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます