松木安太郎から見た“キングカズ”「いまもサッカーを続けているし、尊敬しなきゃいけない」その深意は?

お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。「あなたの心を、ここではないどこかへ」をテーマに、ゲストの「ココロが動く(=エウレカ)思い入れのある場所」へと案内していきます。7月10日(土)放送のお客様は、元サッカー日本代表のサッカー解説者・松木安太郎さん。今回の放送では、ヴェルディ監督時代を振り返り、キングカズこと三浦知良選手にまつわるエピソードを語りました。


松木安太郎さん



松木さんは東京都出身の1957年生まれ。16歳で読売サッカークラブのトップチームに最年少登録され、右サイドバックとして活躍。1983年にリーグ戦初優勝を果たしたあとも、数々のタイトル獲得に貢献し、日本代表に選出されるほどのプレイヤーとなりました。

現役引退後は、Jリーグが開幕した1993年に最年少で監督に就任。絶大な人気を誇った「ヴェルディ川崎」の監督を35歳で務めました。その後、セレッソ大阪や東京ヴェルディの監督を歴任したのち、現在はサッカー解説者として活躍しています。


TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」7月10日(土)放送ゲスト:松木安太郎さん



◆松木から見たキングカズの評価

川島:監督から見て、カズさんはどんな選手でしたか?

松木:僕が現役時代、「キリンカップ」で日本代表チームの選手に選ばれたんです。カズは18歳のときに南米のチームから参加して。

川島:カズはブラジルのチームのメンバーとして出てくるんですよね。

松木:今でいうと、久保建英選手がスペインのチームメンバーとして日本に来るような感じ。

川島:敵チームとして!

松木:そう。カズは有名な選手でした。僕は日本代表の経験がまだ浅かったディフェンス。ちゃんと結果を残さないとメンバーから外される立ち位置でした。それで試合に出て。

川島:ぶつかったわけですね。

松木:前半でカズは交代して、僕は90分出場しました。それがカズとの最初の出会いです。

川島:まずは敵として戦って、そのあとに監督と選手という立場になるんですね。

松木:ブラジルでの経験も豊富だし、いい選手でした。いろんな素晴らしい選手がいましたが、“もう練習しなくてもいいんじゃない?”って思うぐらい努力の人でしたね。いまもサッカーを続けているし、尊敬しなきゃいけない。

川島:さすがキングカズ。でも、ヴェルディ川崎ってスターが多かったので大変じゃなかったですか?

松木:スターも多いし、世の中も注目していましたからね。たとえば、今の日本代表が遠征先やワールドカップの前にトレーニングをするときは、クローズ(非公開練習)になります。(メディアなどに公開するのは)冒頭の15分のみ。“もうちょっと見せてよ”って思いますよね(笑)。当時は、そんなことはできないので全部映されていました。セットプレイから練習内容を全部見ることができる。しかも注目度が高い。

川島:ヴェルディを映すカメラの台数はハンパなかったですもんね。

松木:今考えると、日本のサッカー史上、監督として仕事をするのが一番難しいサッカーチームだったと僕は思いますよ。今は広報がいて、誰かが話すべきではない事をしゃべりそうになったら「ちょっと待ってください!」(って止めに入るのが)が当たり前じゃないですか?

川島:そうですね。すべてが管理されている。

松木:そういうのがまったくない時代でしたからね。

川島:すべての道は、ヴェルディのあとにできたようなものですからね。

▶▶毎週土曜の55分間だけ営業する旅行会社EDC(=Eureka Drive Corporation)の社員たちが担当するPodcast番組(AuDee /Spotify)も、ぜひチェックしてください!

次回7月24日(土)のお客様は、作詞家・音楽プロデューサー・いしわたり淳治さんです。お楽しみに!

<番組概要>
番組名:SUBARU Wonderful Journey ~土曜日のエウレカ~
放送日時:毎週土曜 17:00~17:55放送
出演者:川島明(麒麟)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/wonderfuljourney/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/19 21:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます