【二郎系】新しくなったセブンイレブンの『豚ラーメン』を食べてみたら、その完成度の高さに唸った / 「中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン」

拡大画像を見る

おおおお、ついにここまでキタか……! このたびリニューアルして新発売となったセブンイレブンの『中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン』を食べて、ジロリアン(ラーメン二郎愛好者)の私も思わず唸ってしまった。

結論から言うと、美味い! アリ寄りのアリ。コンビニの「ジェネリック二郎」としては1つの到達点と言えるほどの完成度だ。下手なインスパイア店へ行くぐらいなら、セブンの「豚ラーメン」でいい……イヤ! 「豚ラーメン」 “が” いい、とすら思う。

・セブン “3代目J” の麺

過去2回のリニューアルを経た、“3代目J(二郎系ラーメン)” こと3代目の豚ラーメン。思い返すと初代は「うどんっぽさ」がコアな二郎ファンから不評だったが、2代目では「うどんと中華麺の合いの子」のようなクオリティになり、一定の評価を得ていた。

さて3代目はどうかというと……またグッと中華麺に近寄ったじゃないか! まぎれもなく「ラーメンの麺」だ。もはや「うどん」の影は、ほぼほぼないぞ。セブンイレブンによると強力粉の量を増やしたらしく、ワシワシの食感と噛みごたえもイイ。

 

・スープも美味い

だが今回のリニューアルの目玉は「スープ」! どうやら背脂を増量したようで、さらに固形の背脂もトッピングされている。

トロトロの乳化状態のスープをひと口すすってみると……ガツンとしたニンニクの風味、背脂のコク、キリッとした醤油の味わい……全てがバランスよくまとまっていて、ウマイ! ジェネリック二郎のクオリティもここまできたか〜。セブンイレブンすごいなぁ。イヤ、セブンがすごいのか、とみ田さんがすごいのか。

しかも(コレは人によって好みはあるだろうが)良くも悪くもジャンクさが意外と強くない。しっかりとツボを押さえているけど、後味が不思議とマイルドな感じなのだ。

たまに良くわからないインスパイア店へ行くと、とにかく化学調味料とアブラでごまかしたようなスープと出会うことも多く、「ああ、これ絶対に寿命縮むわ〜」ときまって後悔(しつつ完食)するのだが、そういう粗悪な店の味と比べると このコンビニ商品の方がはるかに人道的で、かつ完成度が高い。

 

・「天地返し」推奨

ちなみにレンジで加熱し終えてフタを開けると、ヤサイ(もやしキャベツ)とチャーシューの “パサつき” が気になることは否めない。レンジ麺の宿命とも言うべき弱点だが、

そこは「天地返し」でひっくり返せば みずみずしさをとり戻すので、個人的には問題ナッシングだ。

チャーシューも、多少スープに浸かった方がしっとりさがUPして良き。

 

・高品質ジェネリック二郎の安定供給

ということで、三代目の「豚ラーメン」は、これと言った文句のつけどころのない完成度だったぞ! しいて1つ言うならば、お値段だろうか。というのも、この商品は550円(税込594円)……。ラーメン二郎の小ラーメンが平均的に700円ぐらいと考えると「あと100円出せばホンマモンが食べられるやないか」とは正直、思う。

が! セブンが存在する限り、この優秀な「ジェネリック二郎」が24時間・安定供給されるのだ。その値段が594円…………

……

……

OKでしょう! 仮に600円台に乗っていたら もはやジェネリックとは言えなくなっていたが、一応ギリOKだと思います!

『三代目 豚ラーメン』は2月8日現在、千葉県および東京の一部エリアで販売中。2月10日から全国で発売されるが、新潟県、富山県、石川県、福井県、沖縄県を除くので注意だ。

参考リンク:中華蕎麦とみ田監修三代目豚ラーメン
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.

関連リンク

  • 2/8 15:07
  • ロケットニュース24

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます