元阪神投手「アイドル」のコーチに 嶋尾康史が球団直伝練習法でサポート

拡大画像を見る

 プロ野球・阪神のOBで、現在は俳優や舞台演出などで活躍する嶋尾康史(53)が、アイドルのトレーニングコーチに就任した。大阪を拠点に活動する中学生5人組ガールズユニット「Jumping Kiss(ジャンピング・キッス)」をタイガース直伝のトレーニング法で指導し、アイドル戦国時代を戦い抜くメンバーをアシストしている。

 今回の就任は、同じ事務所に所属している縁で実現した。現在は主にボーカルを担当するリーダー・秋月柑七(13)と山田莉愛(13)を指導しているが「しっかりダンスしながら歌うとなると、かなりの体力が必要になってくる」(嶋尾)と、メニューは体作りの基本である体幹の強化が中心。

 コロナ禍とあって直接指導できない日も多い。そんな時は、SNSでメンバーにトレーニングメニューを送り、それをもとに鍛えている動画が返信されるとすぐに確認。腕や足の位置、体の使い方など細かいアドバイスを行う。

 指導の引き出しも多いようで、教え子の山田は「毎日、いろいろな種類のトレーニングメニューを送ってくださる。たくさん考えられていてすごい!って思います」と明かす。そんな教えの効果はてきめんで、歌唱力がメキメキ上達するなどはっきりとした成果が表れているという。

 梅雨が明け夏本番を迎えた今、メンバーは3rdシングル「クラクラ」(8月24日発売)の大ヒットを目指し、連日のトレーニングでたっぷり汗を流している。リーダーの秋月は「毎日、私たちにトレーニング指導をしてくださって感謝しています。ステージでの私の姿を見て“変わったな!”と思ってもらえるように頑張りたい」と、前向きに鍛錬に励んでいる。

 「遊びたい年頃なのにね。毎日しっかり付いてきてくれています」と嶋尾。教え子の頑張りをたたえ、成果が現れてきた姿をうれしそうに見守っていた。

関連リンク

  • 7/19 20:10
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます