応援したい店をTikTokで「#勝手にPR」、カメラのサブスク「GooPass」が協賛

拡大画像を見る

 カメラブは、ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」のハッシュタグチャレンジ「#勝手にPR」に協賛した。

 #勝手にPRは、応援したい店舗の紹介動画を「#勝手にPR」をつけて投稿してもらう企画で、店のジャンルは問わず、普段通っている定食屋や知り合いが経営している店などの、PR動画の投稿を受け付ける(企業などの依頼で紹介動画を投稿する場合は、動画キャプション(説明欄)に「#PR」など、依頼を受けた案件であることを記載する必要がある)。
 今回の、カメラブによる#勝手にPRへの協賛は、フォトグラファーや映像クリエーターなどの活動を支援するため、カメラのサブスクリプションサービス「GooPass」を提供してきた同社がTikTokとのコラボレーションによって、スマートフォンで撮影しているクリエーターが本格的なカメラを手にするキッカケとなれば、との思いから行われている。

関連リンク

  • 7/19 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます