ローソン「タンブラー持参」でコーヒー39円引き。プラスチック削減目指す

拡大画像を見る

ローソンは2021年7月20日から8月30日まで、「MACHI cafe」のコーヒーおよびカフェラテ(ホット/アイス)を対象に、タンブラーを持参した人には39円引きで提供する取り組みを行います。

対象店舗はMACHI cafe導入の約7500店舗です(セルフマシン店舗は対象外)。

アイスもホットも対象

ローソンは2011年の「MACHI cafe」導入当初から、タンブラーなどの容器を持参すると、通常価格よりも10円引きで提供する取り組みを実施しています。今回、購入者と一緒に取り組むさらなるプラスチック削減を目指し、「39(サンキュー)円引き」の実施が決まりました。

期間中は、「MACHI cafe」のコーヒーおよびカフェラテ(ホット/アイス)を購入する際に、タンブラーを利用することで、39円引きが適用されます。なお、アイスコーヒーはS・Mのみ、アイスカフェラテはMのみ、ホットカフェラテはM・Lのみです。メガサイズは対象外です。

ローソンの「MACHI cafe」では、2019年よりアイスコーヒーの紙カップへの変更やストローを使用しないで良いリッド(フタ)への変更を実施し、プラスチック削減に取り組んできました。今回の取り組みにより、コーヒーのリッド(フタ)に使用するプラスチックの削減を図ることができ、期間中6.4トンのプラスチック削減が見込めるとのことです。

関連リンク

  • 7/19 17:32
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます