米子松蔭 「圧力かけろ」ツイートされた西村大臣「知事にお願いしてます」 取消決定

拡大画像を見る

 西村康稔経済再生担当相が19日午後、ツイッターに投稿。学校関係者1人が新型コロナウイルスに感染し、夏の高校野球鳥取県大会への出場を辞退した米子松蔭の問題について「先週末から平井鳥取県知事に試合ができないか対応をお願いしています。萩生田大臣とも話しました。鳥取県において対応を検討していると報告を受けています」と記した。

 この問題を巡っては、有事に緊急対応がなかった開催ルールに疑問の声があがり、大阪府の吉村洋文知事もツイッターで再考を求めていた。橋下徹弁護士はツイッターで「高野連と政治家たち」を厳しく批判し「西村大臣はこういうときにこそ、高野連にお得意の圧力を徹底的にかけるべきだ」「オリパラを開催した執念をここでも見せろ!」と激しい投稿を行っていた。

 19日夕、鳥取県高校野球連盟は、米子松蔭の「不戦敗を取り消す」と発表。試合は米子松蔭の学校が再開となる21日に行われる。

関連リンク

  • 7/19 18:11
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ***

    7/21 19:37

    どっちでもええわ、自分には何の関係も無いし。 それに再試合やっても代表無理やろ?マグレで代表なっても甲子園では絶対に優勝は無いし。いや、今ならあるかもな、対戦相手がコロナ感染でことごとく棄権とか。いずれにせよ天文学的な事が重ならないと無理

  • ヤン中佐

    7/20 8:06

    部員でもない生徒が問題起こしても棄権するような世界だからな。いい機会だからくだらん不文律などやめてしまえ。

  • いち(

    7/20 7:03

    このパターンで学生生活最後のクラブ活動を終了した子たくさんいますよ。高校野球だけ特別でよかったね。

記事の無断転載を禁じます