母系にダービー馬レイデオロ、サトノジークが新潟芝1800mでデビュー/関西馬メイクデビュー情報

拡大画像を見る

 今週から新潟開催が始まる。ただ、小倉開催が一旦休止となるため、新馬戦では除外頭数が多くなりそうな印象もあるだろう。状況としては、昨年の2回新潟の1日目、2日目と同じになるが、1日目の芝1600mで4頭、ダート1200mで3頭の除外が出ただけ。2日目の芝1800mと芝1400mでは除外は出ず、芝1800mに関しては出走13頭と比較的落ち着いた頭数だった。これは距離のレパートリーが豊富な新潟だからこそ、かも知れない。

 ちなみに開幕週4レースの新馬戦は美浦所属が3勝、栗東所属が1勝だった。ただ、3レースあった2歳未勝利戦は栗東所属が2勝、美浦所属が1勝。変則的な開催だからこそ、東西の星取りに注目してみるのも面白いかも知れない。

【7月25日(日) 新潟芝1800m】

◆サトノジーク(牡、父ロードカナロア、母プレザントブリーズ、栗東・安田隆行厩舎)

 母系に2017年日本ダービーを優勝したレイデオロ(父キングカメハメハ)がいる血統。本馬は2019年セレクトセール当歳にて、7000万円で落札されている。

 本馬は6月9日に福島県の吉澤ステーブルから栗東へ入厩。ゲート試験合格後も在厩のまま、デビューへ向けた調整を続けており、7月7日と7月14日にCWでの併せ馬を消化。14日はレースでも騎乗予定の川田将雅騎手が跨って、古馬の1勝クラスを追走したが、一杯に追われて、しっかり先着。6F81.4〜5F66.1〜4F51.9〜3F38.3〜1F12.1秒と速い時計をマークしており、週を追うごとに動きに力強さが出てきている。

◆コンジャンクション(牡、父ルーラーシップ、母グリューネワルト、栗東・池添学厩舎)

 全姉ディアンドルは2歳夏から3歳春に芝1200mで5連勝し、古馬になってからは福島牝馬Sを制している。

 本馬は4月29日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩し、5月12日にゲート試験を合格した後はリフレッシュ放牧。6月26日に再入厩した後は坂路とCWを併用して、しっかりと追い切りを積み重ねており、先週はレースでも騎乗予定の松山弘平騎手が跨って、古馬1勝クラスを追走するCWでの追い切りで同入の動き。ラストは11秒台の伸びを見せており、着々と出走態勢が整っている。

【7月25日(日) 新潟芝1400m】

◆ジレトール(牡、父ロードカナロア、母サンビスタ、栗東・松永幹夫厩舎)

 母は2015年チャンピオンズCを制した、ダートG1ホース。その仔は2頭いて、JRAでは勝利を挙げることはできていないが、遅咲きだった現役時代と同じように、繁殖になってもこれからの仔出しに注目すべきかも知れない。本馬は2020年セレクトセール1歳にて、6400万円で落札されている。

 4月24日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩した時はゲート試験に合格した後、放牧へ出ている。そして、今回は6月23日に栗東へ戻ってきて、順調に追い切りを消化。レースでも騎乗予定の川田将雅騎手が跨った7月14日のCWでの併せ馬は道中楽な感じで走り、最後も余裕を持った状態で同入。時計は6F83.7〜5F67.8〜4F52.7〜3F38.4〜1F11.7秒と数字的にも水準以上をマークしている。

【7月24日(土) 函館ダート1700m】

◆ロードジャスティス(牡、父Fort Larned、母フラーティングアウェイ、栗東・安田隆行厩舎)

 父は現役時代に2012年BCクラシックを優勝。25戦して10勝という成績だった。日本で登録されている競走馬としては、本馬が初出走となりそう。

 5月下旬に栗東へ入厩して、ゲート試験合格後は一旦放牧へ出て、その後は函館競馬場に直接入厩。ウッドチップ馬場で追い切られていて、時計は目立たないが、週末、週中と追い切りを積み重ねているので、順調そのもの。2012年以降、安田隆行厩舎が函館と札幌のダート1700mで新馬戦に出走したケースが7頭いて、その成績は[2-1-2-2]。勝ち馬2頭のうち、1頭は本馬と同じ馬主のロードホースクラブだった。なお、鞍上は池添謙一騎手が予定されている。

(取材・文:井内利彰)

関連リンク

  • 7/19 18:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます