コロナ禍で患者数3割増!「夏の痛風」から身を守る5か条

拡大画像を見る

 約100万人が患っているとされる痛風。一般社団法人日本生活習慣病予防協会が医師に対して行ったアンケート調査では、長引くコロナ禍によって、痛風患者が例年の3割も増えていることが判明した。

「自粛生活でストレスがたまり、家飲みで酒量が増えたことが原因と報告されています」(健康雑誌記者)

 痛風は尿酸値が高い人が発症しやすく、体内にある尿酸が、関節の中で結晶化して炎症などを引き起こす疾患。体の節々が赤く腫れて、風に当たっただけでも強烈な痛みを感じることがあるため、痛風と名づけられた。ひどくなると、歩行困難に陥ることもあるという。

 生活習慣病の予防に詳しい、新潟大学名誉教授の岡田正彦氏が言う。

「やはり最大のリスクは、飲酒です。特にビールには、尿酸値を上げるプリン体が多く含まれています」

 プリン体の含有量は、酒類によってさまざま。厚労省の委託事業者による『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第3版』によると、発泡酒と日本酒は、ビールの約3分の1。ワインは10分の1以下で、ブランデーやウイスキーはほぼゼロ。焼酎にはまったく含まれていない。

 しかし、プリン体が少なければ安心というわけではない。焼酎ベースのチューハイを愛飲していても、痛風になることがあるのだ。

「アルコールでも尿酸値は上昇しますので、アルコール度数の高い飲み物には注意すべきなんです」(前同)

 とはいえ、夏はキンキンに冷えたビールなどで喉を潤したいところ。禁酒せずに、痛風のリスクを下げる方法はないのだろうか?

■お酒を飲みたいなら?

 まずは、“ちょっと飲み”を心がけてみよう。

「飲みすぎは禁物です。日本痛風・尿酸核酸学会は、ビールなら一日350~500ミリリットル、日本酒なら1合、ウイスキーは60ミリリットル、焼酎は110ミリリットルを、適切な飲酒量としています」(前出の健康雑誌記者)

 つまみのチョイスも重要だ。あん肝やレバー、シラコ、エビなどはプリン体が多く含まれているため、要注意だという。

「鶏肉のささみや大豆、カズノコ、魚肉ソーセージは尿酸値を下げてくれますので、お酒の肴にオススメです」(前出の岡田氏)

 また、飲酒時にアルコール類以外の飲み物を積極的にとることを心がけたい。

「緑茶や麦茶、ウーロン茶には尿酸を尿として排泄する働きがありますので、チェイサー代わりに口にしましょう。果糖を含む飲料は、尿酸値を上げるため控えてください」(健康雑誌記者)

 さらに、日頃から習慣として運動を心がけていると、予防につながるという。

「きつめの運動には、尿酸値を下げる働きがあります。同じジョギングでも、一日2キロ以内の人より、一日8キロ以上走る人のほうが、痛風のリスクが半分になるというデータもあります。飲酒した翌日にジョギング……とまでいかなくても、週に3日程度、早歩きで30分目安に散歩でもしてください」(前出の岡田氏)

 もちろん、肝臓をいたわることも忘れずに。

「週に2日の休肝日を設けるのが理想的です。毎日お酒を飲む人は、休肝日がある人と比較すると、酒量が同じでも尿酸値が高くなるため、休肝日は大切です」

 正しく酒とつきあって、痛風から身を守ろう。

関連リンク

  • 7/19 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 別天津神

    7/24 9:55

    加減して呑みましょうよ…(˘・_・˘)バカジャナイノナラ…

記事の無断転載を禁じます