モテない男たちの共通点。マッチングアプリでの失敗を京大出身ホステスが解説

拡大画像を見る

恋愛したい、結婚したい――。男女の思いはコロナ禍でも自粛不可なのか、恋活、婚活マーケットはよもやの進化を遂げていた。恋愛市場のリアルな最前線を総力取材でお届け! 今回、注目したのはマッチングアプリで出会えない人たち。恋愛評論家が指摘する、その共通点とは?

◆京大出身ホステスが解説!マッチング弱者の共通点

 写真で女性たちの第一選考をクリアしたら、その次に目が行くのはプロフィール。京都大学出身の恋愛評論家・灯諸こしき氏によると「女性と出会うためには写真の次にプロフィール文が重要です」と解説する。

◆モテない男性が陥りがちなミス

「マッチングアプリにおいて、モテない男性が陥りがちなミスが、凝りすぎたプロフィール文です。誠実さをアピールしたいなら長めのプロフィール文も有効ですが、ライトな出会いを求めるなら短文にするなど、用途に合わせたプロフィール設計が出会いのコツになります。

 使用するアプリや年齢層にもよりますが、凝ったプロフィールは重いと敬遠されてしまうケースが多い。『渋谷区で働く会社員です。ハシゴ酒とラーメンが大好きです!』のような軽いプロフィールのほうが“気軽な出会いを求めている”女性とマッチしやすいのが実情です」

◆簡潔さを意識することが重要

 またマッチをしたものの、その後のメッセージで失敗してしまうと出会うことができず、これまでの苦労も水の泡。灯諸氏によるとメッセージもプロフィール同様に簡潔さを意識することが重要だという。

「お互い相手のことが気になってマッチしているわけですから、直球で『今週会おうよ』と誘ってしまって大丈夫です。

 マッチングアプリをやっている女性は多くの男性からメッセージが届いているため、面倒なメッセージへの返信は後回しにしがち。メッセージを繰り返した上で結局会えず……なんて時間の無駄ですよね。

 いろいろ質問したい気持ちもわかりますが、それは会ってからすればいい。可能な限りメッセージの無駄撃ちは避け、簡潔さを意識しましょう」

 灯諸氏監修のNGメッセージ例が下にまとめたもの。どれも男性が良かれと思って送ってしまいそうな内容だが、女性にとって面倒くさいメッセージであることがよくわかる。

◆メッセージでよくあるミス3選

<1 特定班タイプ>

男性:はじめまして! どこに住んでいますか?

女性:東京です!

男性:東京のどこですか?

女性:渋谷区内です

男性:渋谷のどの辺りですか?

<2 職務質問タイプ>

男性:普段、土日は何されているんですか?

女性:普通に飲みに行ったり、家にいたりです!

男性:どんな仕事をされているんですか?

女性:プロフィールに書いてある通り、学生です

男性:趣味はなんですか?

<3 生き急ぎタイプ>

男性:どちらに住んでいますか?

女性:渋谷区内です!

男性:これは恋愛ではない感じですか?

女性:えっ、そこまではまだ考えてないです

男性:残念です。じゃあLINEしませんか?

=====

 プロフィールもメッセージも簡潔に。メリハリは必要だが、気合を入れすぎないくらいのやり方が今ドキなのだ。

【灯諸こしき氏】
京都大学出身のホステス。著書『京大生ホステスが教えます。99%の男がしていない恋愛の超基本』(SBクリエイティブ)など

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[[出会い]の最前線]―


関連リンク

  • 7/19 15:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます