田舎の町長選挙で“仁義なき代理戦争”ぼっ発『スイング・ステート』特報解禁

拡大画像を見る

 俳優スティーヴ・カレルが主演する映画『スイング・ステート』の公開日が9月17日に決定。併せて、特報映像とポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、米大統領選でトランプに大敗した民主党の選挙参謀が、起死回生を狙って田舎の町長選挙で大波乱を巻き起こすドタバタコメディ。邦題の「スイング・ステート」とは、米大統領選挙において共和党・民主党の支持率が拮抗し、勝利政党が選挙の度に変動する州のこと。接戦であるほど、激戦州のスイング・ステートが勝敗の鍵を握る。

 監督・脚本は、16年間にわたりコメディ・セントラルの『ザ・デイリー・ショー』の司会を務め、アカデミー賞でも2度司会を担当、米文化における政治風刺の定義を変えたと言われるジョン・スチュワートが務める。

 大敗した民主党ヒラリー陣営の選挙参謀ゲイリー・ジマー(スティーヴ)は、農村部の票を取り戻す秘策として、YouTube動画で注目を集める退役軍人ジャック・ヘイスティングス大佐(クリス・クーパー)を田舎の町長選挙に立候補させる。すると共和党は、対立候補の元にゲイリーの宿敵であるトランプの選挙参謀フェイス・ブルースター(ローズ・バーン)を送り込んできた。その日から、町長選をめぐるゲイリーvsフェイスの戦い、否、民主党vs共和党の巨額を投じた「仁義なき代理戦争」の幕が切って落とされる。

 特報映像は、ゲイリー(スティーヴ)が民主党逆転のキーマンに仕立てようと、田舎で酪農家をしている退役海兵隊大佐ジャック(クリス)に白羽の矢を立てるところからスタート。ジャックを小さな町の町長選に当選させるべく、裏の手奥の手を駆使して対立候補の選挙参謀フェイス(ローズ)と仁義なき戦いを繰り広げる様子がコミカルに描かれている。「ゲーム開始だ」と息巻くゲイリー、ドヤ顔で銃をぶっ放すジャック、ゲイリーの顔を舐め回すフェイスなど、それぞれのキャラクターのユーモラスな姿が笑いを誘う映像となっている。

 ポスタービジュアルは、アメリカの国旗柄の帽子を被ったゲイリーが存在感たっぷりに顔を覗かせる姿を切り取ったもの。帽子の周りにジャックやフェイスらが配置され、頭の上には「選挙は最高!」というキャッチコピーが添えられている。背景では札束が舞い散り、その中にはなぜか牛の姿も。ゲイリーの顔の横に「この選挙何かおかしい!?」という言葉も添えられ、田舎町で繰り広げられる大波乱の選挙戦に期待が膨らむビジュアルとなっている。

 映画『スイング・ステート』は9月17日より全国公開。

関連リンク

  • 7/19 12:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます