3000基以上巡り歩いているシンガー、古墳の魅力を語る!

7月20日に放送される『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)は、「お取り寄せ駅弁の世界」と「古墳の世界」を紹介する。

同番組は、マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ。

「お取り寄せ駅弁の世界」では、2000種類以上の駅弁を食べ歩いた日本史の塾講師、金谷俊一郎さんが選りすぐりのご当地駅弁を紹介してくれる。20代の時、趣味の史跡探索で食べていた駅弁に興味を持ち、次第にその魅力に取りつかれたという金谷さん。ご当地情緒あふれる駅弁や、あったか旨い加熱式の駅弁、そして流行最先端の駅弁などを塾講師らしい、理路整然&明解なトークで解説してもらう。

さらにはお酒が進む駅弁も登場。マツコの喉と食欲を満たしていく。お取り寄せできて旨い、ご当地気分も味わえる三位一体の駅弁が続々と登場する。

そして「古墳の世界」では、今回は全国の古墳を3000基以上巡り歩いている古墳シンガーのまりこふんさんが、全国に約16万基もあるという古墳を厳選して紹介してくれる。デザイン性の高いものや、不思議な造りが妙に気になるカワイイ古墳が続々と登場。さらにシンガーらしく、まりこふんさんが古墳からインスピレーションを受けて作ったというオリジナル曲もマツコを驚かせる。

また、道なき道をかきわけて古墳を探し出す上級者向き古墳の楽しみ方も教えてもらう。発見されてから40年以上も手付かずとなっていた島根県の古墳探訪にカメラが密着取材。少ない情報を頼りにまりこふんさんが発見した約1400年の時を超える出会いとは?

なお前回の放送では、楠田枝里子が「消しゴムの世界」を、TBSアナウンサー・初田啓介が「実況の世界」を語った。

関連リンク

  • 7/19 14:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます